いわくつき魔族教師と天使候補生

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784040699240

いわくつき魔族教師と天使候補生

  • 著者 柳実 冬貴
  • イラスト Xin
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784040699240

どうすれば人間は魔族(おれ)と仲良くしてくれますか?

人間と魔族が争った泥沼の月蝕戦争――その長き戦いを終結に導いた魔族の英雄メギストスは、なぜか教師として人間側のアザゼリック魔法学園に赴任することに。完全アウェーの環境に赴くため教師指南書を読み込み、事前準備は万端。最高の教師として一歩を歩みだす――はずだったが、「使えないから」と教科書をゴミ箱に捨て怒られ、良かれと思い調査した生徒の秘密を暴露してドン引かれるなど、生粋の魔族としてのズレた価値観ゆえ、やることなすこと全て裏目に出てしまう。「何故だ……!?」それでもマジメな彼を慕う聖女の娘アテネらに助けられ、進級も危うい生徒達へ授業を開始。魔族ならではの指導が、落ちこぼれ生徒達に奇跡の化学反応を起こしていく――!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いわくつき魔族教師と天使候補生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦争によって人間と魔族間の溝が深まっていたが、終戦により互いに歩みよらなければならなくなった。魔族のメギストスは和平の一環として人間の国にある魔法学校の教師を務めることに。文化や解釈の違いに戸惑うが、 戦争によって人間と魔族間の溝が深まっていたが、終戦により互いに歩みよらなければならなくなった。魔族のメギストスは和平の一環として人間の国にある魔法学校の教師を務めることに。文化や解釈の違いに戸惑うが、少しずつ生徒からの信頼を得ていく。教師×魔法というのは中々見ない組み合わせだなと思いました。授業風景の挿絵は無かったのですが『ゼロの使い魔』や『ハリー・ポッター』の世界観を考えながら読んでました。どことなくメギストス先生はスネイプ先生みたいだなと思ったり。 …続きを読む
    MERLI
    2019年01月24日
    11人がナイス!しています
  • 序盤は魔族らしさと大真面目さの合わさった天然ぷりに笑わせてもらったが、メギストスが一生懸命だったから決闘の時に生徒たちから応援の声が上がったのは嬉しかったな。アホの子との友達の作り方だの握手の練習だの 序盤は魔族らしさと大真面目さの合わさった天然ぷりに笑わせてもらったが、メギストスが一生懸命だったから決闘の時に生徒たちから応援の声が上がったのは嬉しかったな。アホの子との友達の作り方だの握手の練習だのは微笑ましくて癒された。そして終盤の身を呈して生徒を救おうとする教師の姿ってのはやはり熱くなるね。メギストスがアテネに救われたのはわかったし、アテネがメギストスに救われたみたいだけど、あの信頼と懐きっぷりの理由がまだよくわかんなかった(読み逃したか?)ので、続きでは詳しく頼む! …続きを読む
    くもり
    2018年08月13日
    6人がナイス!しています
  • 人間と魔族の泥沼の戦いが終結した世界で、魔族の英雄である男が、教師として人間側の学園に赴任し始まる物語。―――共に笑い、共に学び。歩み寄りこそが成長の鍵。 偏見と蟠り、黒い思惑。不穏要素の残る不安定な 人間と魔族の泥沼の戦いが終結した世界で、魔族の英雄である男が、教師として人間側の学園に赴任し始まる物語。―――共に笑い、共に学び。歩み寄りこそが成長の鍵。 偏見と蟠り、黒い思惑。不穏要素の残る不安定な舞台で、不器用だけど真っすぐな魔族の教えが、化学変化を巻き起こす。様々な角度を持つ熱さと輝きが溢れる物語であり、多角的かつ真っ直ぐな面白さがある物語である。始まったばかりの教師生活。果たして、化学変化はどこまで続くのか。型破りで破天荒、故に面白い授業の行方はどう進むのか。 ☆☆☆。次巻も須らく期待である。 …続きを読む
    真白優樹
    2018年07月29日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品