ソープランドでボーイをしていました 2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月23日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
172
ISBN:
9784040699103
ニコカド祭り2020

ソープランドでボーイをしていました 2

  • 著者 久遠 まこと
  • 原作 玉井 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月23日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
172
ISBN:
9784040699103

吉原は今日も大忙し! 知られざる“泡風呂裏物語”第2巻が登場!!

地震でカネも職も失った仙台在住の中年オヤジが、一念発起し東京・吉原ソープランドのボーイに転職。強烈な同僚と泡姫たちに囲まれて働く過酷な日々……。「男性従業員目線」で語られる風俗ノンフィクション第二巻!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ソープランドでボーイをしていました 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 働く……、というか生きるのは大変だよなぁ~ 笑 働く……、というか生きるのは大変だよなぁ~ 笑
    Harunoosusumedokusixyo
    2018年07月01日
    2人がナイス!しています
  • 業界の裏側がわかって面白かった。ボーイ同士やソープ嬢との距離感や関係はシビアで体育会系。やっぱり裏方は大変なお仕事。そこにヤの人や保健所、警察との関係や茶番などはソープならでは。 業界の裏側がわかって面白かった。ボーイ同士やソープ嬢との距離感や関係はシビアで体育会系。やっぱり裏方は大変なお仕事。そこにヤの人や保健所、警察との関係や茶番などはソープならでは。
    bellwick
    2019年04月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品