錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

kakuyomu 作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784048938327

錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ

  • 著者 瘤久保 慎司
  • イラスト 赤岸K
  • 世界観イラスト mocha
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784048938327

最強キノコ守りコンビ、宗教都市・島根でさらに過激に大暴走!

最強キノコ守りコンビ、宗教都市・島根でさらに過激に大暴走!

 《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、大宗教国家・島根を訪れたビスコたち。
 しかし――そんな一行の前に野望の不死僧正・ケルシンハが立ちはだかる。不意打ちで胃を盗まれたビスコの余命は、僅か――五日!?
 暴走した《錆喰い》体質で心臓にキノコが咲けば即アウト!
 相棒・ミロとともに様々な宗教ひしめく島根の中枢《出雲六塔》に潜入した彼らは、はたして無事、元の身体を取り戻せるのか。そしてかつて立った頂点奪還を目論むケルシンハの暴虐に、相棒の絆は打ち勝てるのか――!?
 『このライトノベルがすごい!2019』(宝島社 刊)文庫部門 総合・新作で史上初ダブル1位を獲得した疾風怒涛の冒険譚、再び!

世界観イラスト

登場人物

赤星ビスコ

「人喰い茸の赤星」の異名を持つ最強のキノコ守り。霊薬キノコ《錆喰い》由来の特殊体質を治すべく、相棒のミロと旅を続けている。

猫柳ミロ

卓越した医術を持つ、心優しい美貌の少年医師。ビスコの旅に同行するべく、故郷の忌浜で県知事を務める姉のもとを離れることに。

ケルシンハ

かつて摩錆天言宗を率いていた『不死僧正』。二百年の間、老いることなく島根の宗教の中枢である《出雲六塔》をおさめていたと言われている。

アムリーニ・アムリィ

出雲六塔で暮らす義眼の少女。下層にある『仙医あむりた』の仙医であり、錆を吸い取る真言を操ることができる。

ジャウ・ラスケニー

かつてケルシンハと戦った僧の一人で、アムリィの師。呪物の知識・扱いに長け、出雲六塔の秩序を守るため暗躍している。


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

電撃文庫『錆喰いビスコ』TVCM

「錆喰いビスコ2 血迫!超仙力ケルシンハ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1巻はあちこち旅をしていたけれど、この2巻は島根での大活劇。宗教都市で出雲六塔を攻略していかねばならないし、ビスコには死のタイムリミット。異様な世界観はより書き込まれて、ビスコとミロの相棒感もかなり増 1巻はあちこち旅をしていたけれど、この2巻は島根での大活劇。宗教都市で出雲六塔を攻略していかねばならないし、ビスコには死のタイムリミット。異様な世界観はより書き込まれて、ビスコとミロの相棒感もかなり増した。アクの強さも相変わらずで、もう出ている3巻は東京というのも気になる。 …続きを読む
    海猫
    2019年01月14日
    82人がナイス!しています
  • 「ビスコと、僕の!邪魔をするなぁーッ!」ミロくん、それもの凄ーく誤解産むセリフ。ゲストの母子間の慕情の一幕もあったけど、作者が言うようにやはり主人公コンビの純な絆の強さが、人の弱味につけ込む卑劣さ、傲 「ビスコと、僕の!邪魔をするなぁーッ!」ミロくん、それもの凄ーく誤解産むセリフ。ゲストの母子間の慕情の一幕もあったけど、作者が言うようにやはり主人公コンビの純な絆の強さが、人の弱味につけ込む卑劣さ、傲慢さを叩き潰す物語。もの凄く判りやすく物語の基本中の基本なんだけど、ここまで読者に息を継がせる事なく読ませる力はホンモノ。どんだけ相手から騙し討ちを食らおうが、自分は踏み留まる矜持を二人が持っている所が読者からの支持を産む。窮地に諦めない所もそこから来るのだろうが、ここまで好感呼ぶキャラクターも珍しい。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2019年03月26日
    62人がナイス!しています
  • 暴君ケルシンハの野望を打ち砕く為、我らがビスコとミロが立ち上がるシリーズ第二弾。1巻を超える圧倒的な熱量と、猪突猛進にして疾風怒濤のパワフルな展開。デビュー2冊目にして、読者の心を捉えて離さないパワー 暴君ケルシンハの野望を打ち砕く為、我らがビスコとミロが立ち上がるシリーズ第二弾。1巻を超える圧倒的な熱量と、猪突猛進にして疾風怒濤のパワフルな展開。デビュー2冊目にして、読者の心を捉えて離さないパワー溢れる物語になるとは本当に参った。お互いが主人公でもあり、ヒロインポジションでもある。そんなビスコとミロが前回を超える大立ち回りを魅せてくれる訳だから、そりゃ面白いってもんだ。シンプルなのに超熱い王道展開と、何処までも広がっていく独創性のある世界観。どんどんこの作品にハマっていく自分がいる。次巻も楽しみだ。 …続きを読む
    まりも
    2018年08月15日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品