第1回 角川文庫キャラクター小説大賞〈隠し玉〉

角川文庫

さよなら、ビー玉父さん

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041068823
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

第1回 角川文庫キャラクター小説大賞〈隠し玉〉

角川文庫

さよなら、ビー玉父さん

  • 著者 阿月 まひる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041068823

角川文庫キャラクター小説大賞〈隠し玉〉デビュー! 感動の父と子の物語

第1回角川文庫キャラクター小説大賞隠し玉が、満を持してデビュー。涙なしでは読めない、ダメな父と健気な息子の不器用な物語。

【ストーリー】
夏のある日、しがない30代男・奥田狐のアパートを訪ねてきた天使。その小さな天使は汗をかきかき顔を上気させ、曇りのない目で狐を見つめる――天使の名前は遊。離婚により離れ離れになった息子だ。突然現れた息子の登場に、狐に訪れたのは嬉しさより、むしろ得体のしれない者に対峙したときの「恐怖」だった。こうして「ダメ親父」と「天使すぎる息子」のひと夏の生活がはじまった――自分のことしか愛せないダメ男に、必要以上に気を遣う健気な息子、そんなダメ男をなぜか慕うヤンキー娘、そして、狐のすべてを知る元嫁。親子であって親子でない父と息子は、親子以上に親子な関係を模索するが……? 
「アバウト・ア・ボーイ」「とんび」に続く、切ない親子の物語。

装画/柳沼行(「ふたつのスピカ」など)



クズ男のA玉/少女とサボテン/幸せのバームクーヘン

もくじ

クズ男のA玉/少女とサボテン/幸せのバームクーヘン


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さよなら、ビー玉父さん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆☆☆19057 3話構成の作品。①離婚して妻,息子と別れた父のもとに8歳の息子が1人でやって来た。母親が再婚するとの事で、その前に会いにきたらしい。父親は定職を持たず甲斐性無しのクズと、話はスタ ★★☆☆☆19057 3話構成の作品。①離婚して妻,息子と別れた父のもとに8歳の息子が1人でやって来た。母親が再婚するとの事で、その前に会いにきたらしい。父親は定職を持たず甲斐性無しのクズと、話はスタート!②四年が過ぎたのか。。えっ!キャロンちゃん、盛岡に行っちゃうの〜!まぢぃー!さみし〜③32歳が50歳かい!飛びすぎじゃね?もっと、じっくり話を繋げてシリーズ化したら良かったのにね。勿体無いなあ〜。これ、上手くやればテレビドラマにしても面白いと思うんだぁ〜。配役考えなきゃね。次作期待しまーす。ではでは。 …続きを読む
    相田うえお
    2019年06月25日
    114人がナイス!しています
  • 【父の日】というコトで、それらしい作品を読んでみようと思い、手にとりました。帯に『泣けます!涙でページがめくれない、今年一番の感動作』とありますが、残念ながら自分は泣けなかったし、正直ドコにも感動ポイ 【父の日】というコトで、それらしい作品を読んでみようと思い、手にとりました。帯に『泣けます!涙でページがめくれない、今年一番の感動作』とありますが、残念ながら自分は泣けなかったし、正直ドコにも感動ポイントがあらわれなかったです。なぜか?私的には主人公「コン」が最初から最後まであまりにも'クズ'だったからです。ダメ親父にもほっこりとした人間性を出したかったのかもしれませんが、私にはただただひたすら'ダメ人間'なままで終わってしまいました。息子「遊」の盲目的な父「コン」への愛情も、ちょっとキツかったです。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2019年06月16日
    111人がナイス!しています
  • ずっと読みたかった本作、カドフェスをキッカケで購入!客観的になかなかクズ(笑)な父親コンと、遠くに住む息子・遊との交流を描く話。コンの考えや人間性が受けれ入れにくかったかなあ。品行方正に見える遊のよう ずっと読みたかった本作、カドフェスをキッカケで購入!客観的になかなかクズ(笑)な父親コンと、遠くに住む息子・遊との交流を描く話。コンの考えや人間性が受けれ入れにくかったかなあ。品行方正に見える遊のような人にも心の中に埋められないような穴があるというのは分かる気がします。泣くことはなかったので、帯の涙でページがめくれない今年1番の感動作、というのちょっと大袈裟かなと感じちゃいました^^;普通に良い話なんだからそんなコピー付けなくていいのに〜。 …続きを読む
    あっか
    2019年07月21日
    75人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

阿月 まひる

大阪出身。第1回角川文庫キャラクター小説大賞に応募した「仙人系クズ男のA玉」が編集者の目に留まり、応募作に書き下ろしの2編を加えた『さよなら、ビー玉父さん』でデビュー。

最近チェックした商品