試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041068533

阿Q正伝

  • 著者 魯迅
  • 訳 増田 渉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041068533

社会の変革を目指し、小説を著した魯迅。この時代に今こそ読みたい名著。

日雇いで暮らす「阿Q」という人間を通し、当時の中国社会を風刺的に描く。辛亥革命の失敗点を痛烈に暴き、民族的決意を促し、文学史にその名を刻んだ代表作。ほかに、デビュー作の「狂人日記」、日本留学の思い出を描いた「藤野先生」、「孔乙己」「小さな事件」「故郷」「家鴨の喜劇」「孤独者」「眉間尺」を収録。解説/佐高信

[もくじ]
狂人日記
孔乙己
小さな事件
故郷
阿Q正伝
家鴨の喜劇
孤独者
藤野先生
眉間尺

後 記
解 説
魯迅略年譜


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「阿Q正伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 阿Qは当時の中国の病態社会の中で、特にマイナスな面を不快に表出する代表的な人間だったのではないだろうか。それを魯迅はそのように生きても何もならん。目を覚ませと叱咤し、新しい生き方を見つけよっと。生への 阿Qは当時の中国の病態社会の中で、特にマイナスな面を不快に表出する代表的な人間だったのではないだろうか。それを魯迅はそのように生きても何もならん。目を覚ませと叱咤し、新しい生き方を見つけよっと。生へのこだわり、どう生きることが良いのか。 …続きを読む
    Koichiro Minematsu
    2019年10月01日
    35人がナイス!しています
  • ★★★★☆みんなが私を食おうとしている…被害妄想狂が書き記した「狂人日記」。人を食うことを批判して狂人扱いされるが、今は治癒したということは…つまり彼も?ご都合主義でプライドだけはやたら高いその日暮ら ★★★★☆みんなが私を食おうとしている…被害妄想狂が書き記した「狂人日記」。人を食うことを批判して狂人扱いされるが、今は治癒したということは…つまり彼も?ご都合主義でプライドだけはやたら高いその日暮らしの阿Qの生涯「阿Q正伝」。革命党に入れなかったのに、革命党にされてしまった阿Q。古い慣習を皮肉る作品が多い。希望を路に例えたラストが切ない「故郷」歩く人が増えて路ができるのだ。 …続きを読む
    まめこ
    2019年04月30日
    10人がナイス!しています
  • 魯迅が生きた時代の人々の息づかいを知らない私にとって、本書を解するのは困難でした。ただ、後記や解説を読んで、魯迅が記そうとした事の輪郭をおぼろげに見たように思います。格差社会が叫ばれて久しい現代にあっ 魯迅が生きた時代の人々の息づかいを知らない私にとって、本書を解するのは困難でした。ただ、後記や解説を読んで、魯迅が記そうとした事の輪郭をおぼろげに見たように思います。格差社会が叫ばれて久しい現代にあって魯迅は中国や日本に限らず、私たちがきちんと向き合いたい作家かもしれません。現在、虐げられた人々が声を上げたところで、容易に社会は変わらないでしょう。「努力」が容易に報われない現実であるからこその「絶えず刻む」努力。政治的イデオロギーを超えて、その意味を卑屈にならず考えることを魯迅は提示したのかなと思います。 …続きを読む
    ホシ
    2018年09月24日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品