試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041065853

謀略軌道 新幹線最終指令

  • 著者 北上 秋彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784041065853

スピード感溢れる展開で一気に疾走する、ノンストップクライムサスペンス!

盛岡発「やまびこ」4号に爆弾を仕掛けたという脅迫電話が、JR東日本新幹線総合指令所に入った。爆弾は時速100km以下になると作動するという。指令長は時間を稼ぐために、JR東海に協力を求め、鉄道史上前例のない計画を提案する。一方、走り続ける同車両が何者かに走行妨害を受ける。車内には重病人の男が現れて――。爆破予告の裏で交錯する複数の思惑に事件は困難を極めていく! 疾走するクライシス・サスペンス!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「謀略軌道 新幹線最終指令」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1998年12月に発売された単行本の文庫化。最近文庫化されたのに、20年前の作品とだけど、なんだか80年代のような雰囲気の作品。カセットテープとか過激派とかどうにも違和感が拭えなかった。でも、クライム 1998年12月に発売された単行本の文庫化。最近文庫化されたのに、20年前の作品とだけど、なんだか80年代のような雰囲気の作品。カセットテープとか過激派とかどうにも違和感が拭えなかった。でも、クライムサスペンスとしては、なかなか面白かった。前半は専門用語とかが多くて疲れるけれど、後半はどうなっていくのか気になって、一気読み必至。「新幹線大爆破」という映画のオマージュ?なのか、本作でもその名前が登場する。見たことないけれど、似たような話らしい。 …続きを読む
    シアン
    2018年10月23日
    5人がナイス!しています
  • 何年か前に存在を知って、気になっていた物語。97年のノベルス初出以降文庫化してないし、入手自体が困難か、と半ば絶望していたところ、20年越しにまさかまさかの文庫化。 新幹線を減速させたら爆弾が爆発、と 何年か前に存在を知って、気になっていた物語。97年のノベルス初出以降文庫化してないし、入手自体が困難か、と半ば絶望していたところ、20年越しにまさかまさかの文庫化。 新幹線を減速させたら爆弾が爆発、というメインストーリー自体は「新幹線大爆破」を彷彿とさせるものの、中身は完全に別物。事故やハプニングでぶつかりそうになるのはもちろんの事、新幹線を止めようとする別勢力に、密閉空間での謎の病、元国鉄一家達の熱意などが詰め込まれて、見事別物を生み出した。 …続きを読む
    ビスコ
    2018年10月14日
    5人がナイス!しています
  • 【★★★★☆】 「新幹線大爆破」をベースとしつつ、バイオテロや米国との確執などを加え、全く独自の作品になっている。終始手に汗握る展開が続くんだけどオチがどこかなぁ・・・まぁ本文読んでればこうなる可能性 【★★★★☆】 「新幹線大爆破」をベースとしつつ、バイオテロや米国との確執などを加え、全く独自の作品になっている。終始手に汗握る展開が続くんだけどオチがどこかなぁ・・・まぁ本文読んでればこうなる可能性は十分あり得るんだけどどうも腑に落ちなかった。 …続きを読む
    義輝仮面
    2019年05月04日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品