戦国商人立志伝 ~転生したのでチートな武器提供や交易の儲けで成り上がる~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月31日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
308
ISBN:
9784040696416
ニコカド祭り2020

戦国商人立志伝 ~転生したのでチートな武器提供や交易の儲けで成り上がる~

  • 著者 須崎 正太郎
  • イラストレーター KASEN
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月31日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
308
ISBN:
9784040696416

これは戦国の世で成り上がりを夢見る“武人”と“商人”の立身出世伝である

主人公は古物商の知識を持つ一青年。
なんの実りもなかった29年の人生を振り返りその肩を落とした矢先、1551年・激動の戦国時代に転生する。小商人の息子・弥五郎として生を受けた彼は、貧しいながらも両親と幼馴染の少女・伊与と共に幸せな生活を送る。だがある日、領内で猛威を振っていた野盗・シガル衆によって住んでいた村ごと滅ぼされてしまうのだった。
――行方不明となった伊与を助け、打倒シガル衆を決意した主人公は、転生前の知識を駆使し、商人として5000貫もの大金を稼ぐと決意する。
旅先、楽市楽座の町で出会ったのは、織田信長の下で立身出世を志す木下藤吉郎(秀吉)。歴史改変に繋がると葛藤するも、己の信念のために弥五郎は藤吉郎の相棒となる。
博多商人の娘・カンナと出会い転売交易にて資金を稼ぎ出し、彼は未来の武器を仲間に開発提供する。さらに蜂須賀小六や前田利家も仲間に加わり、弥五郎は道を切り拓いていく。
――これは、戦国の世で共に成り上がりを夢見る、“武人”と“商人”の立身出世伝である。

おすすめコメント

※新文芸ジャンル「L-エンタメ小説」シリーズ第一弾刊行作品
「L-エンタメ小説」の詳細はこちら!!

メディアミックス情報

NEWS

「戦国商人立志伝 ~転生したのでチートな武器提供や交易の儲けで成り上がる~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦国時代への転生もの。知識がある状態で過去に行くと、チート状態になって歴史を変えてしまう可能性が出てきてジレンマになる事が多いけど、本作は、主人公が動かないと歴史通りにならないようになっていた。 トラ 戦国時代への転生もの。知識がある状態で過去に行くと、チート状態になって歴史を変えてしまう可能性が出てきてジレンマになる事が多いけど、本作は、主人公が動かないと歴史通りにならないようになっていた。 トラウマを抱えたまま転生して、それが解決されていく流れになっていて、続編もありそうだが、本巻だけで充分ストーリーのある起承転結。歴史転生ものって、「目の前のこの人は頑張ってるけどこうなってしまうんだよなぁ」という切なさが醍醐味だと思っているんだが、サラサラ読めてしまうので、それはあまり感じられなかった。 …続きを読む
    kapibara
    2019年01月05日
    12人がナイス!しています
  • 小僧っ子が成り上がりを始める。サル顔・・・。(笑) 小僧っ子が成り上がりを始める。サル顔・・・。(笑)
    ちいたけ
    2018年07月15日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品