試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041063354

どくとるマンボウ航海記

  • 著者 北 杜夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041063354

北杜夫のユーモラスな筆致が楽しい、旅行記ものの先駆的作品!

水産庁の漁業調査船に船医として五か月の航海に出た著者。航海生活や寄港した世界各地の風景や文化をめぐり、ユニークな文明批評を織り込んで綴った型破りの航海記が、装い新たに新登場!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「どくとるマンボウ航海記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 出版社別!昭和46年発行。ルビがまったくありません!!! 出版社別!昭和46年発行。ルビがまったくありません!!!
    あーさん☆ボルダリングデビュー!(ㆁωㆁ*)
    2019年08月11日
    69人がナイス!しています
  • 筆者が船医として「照洋丸」に半年間同乗し、世界を巡ったときの記録。記録といっても日記でもなく業務日誌でもなく、むしろ立ち寄った地でのあれやこれやが自由奔放に詰め込まれている。たぶん賢い人だし船医として 筆者が船医として「照洋丸」に半年間同乗し、世界を巡ったときの記録。記録といっても日記でもなく業務日誌でもなく、むしろ立ち寄った地でのあれやこれやが自由奔放に詰め込まれている。たぶん賢い人だし船医としての業務も飄々とこなしていたのだろうけど、自己顕示や苦労談は全くなく、単に「おもしろかったこと」だけを凝縮している。オリエンタリズムも日本スゴイもなく、差別意識もなく、純粋に土地の人々と話して触れ合う。危険な誘いにも乗ってみる。船を通じた境界なきつながりを読者も体験することができる。 …続きを読む
    おっとー
    2020年07月04日
    10人がナイス!しています
  • 国語の教科書などでやたら名前だけ出てくるので、恐らく近代文学史に残る名文なのであろうと読んでみた。これが1958年の出来事だということに驚きだ。私なんかは半年も日本の外に連れ出されようもんなら、精神が 国語の教科書などでやたら名前だけ出てくるので、恐らく近代文学史に残る名文なのであろうと読んでみた。これが1958年の出来事だということに驚きだ。私なんかは半年も日本の外に連れ出されようもんなら、精神がおかしくなりそうなもんだけど、この医者はずいぶんと楽しそうだ。あとがき曰く、くだらないことだけを抜粋したらしいので本当はもっと大変な大冒険だったのかもしれないが。 …続きを読む
    Hajime
    2020年04月03日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品