試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784048934626

処刑タロット

  • 著者 土橋 真二郎
  • イラスト 植田 亮
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784048934626

死がエンタメとなった世界。それぞれの理由を胸に彼らはデスゲームに挑む。

「サドンデス」――それは死のリスクが隣り合わせの脱出ゲーム!
土橋真二郎、最新作!!

「僕はゲームの天才を探していました」
 クリア率98%のVR脱出ゲームを、ただひとり“真のバッドエンド”で迎えた高校生の鳴海恭平。その腕前をゲームの製作者である片桐渚に見込まれた鳴海は、死のリスクがあるという裏の脱出ゲーム「サドンデス」に招待される。
 鳴海はある人物を探し続けていた――デスゲームに身を晒し続ける“死にたがり”のクラスメイト・梨々花。しかしゲームの中で再会を果たした彼女は、「処刑タロット」と呼ばれる禍々しいカードの呪いに囚われていた! 梨々花を救うためには、危険なゲームをクリアし、すべての「処刑タロット」を集めるしかない。だが、そのゲームには、他にも様々な事情でカードを手にした少女たちが参加していて……!?
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「処刑タロット」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「死」がエンタメとなった世界。少年と少女たちがそれぞれの思いを胸にデスゲームに挑む物語ここに開幕。土橋先生といえばデスゲーム。土橋節が炸裂する今作。序盤こそ比較的平穏なムードで進みますが、中盤以降は土 「死」がエンタメとなった世界。少年と少女たちがそれぞれの思いを胸にデスゲームに挑む物語ここに開幕。土橋先生といえばデスゲーム。土橋節が炸裂する今作。序盤こそ比較的平穏なムードで進みますが、中盤以降は土橋節が火を噴きまくります。心理描写の上手さ、そしてそれを上手くゲームに絡めて物語に緊迫感を生み出す巧みさ。ここら辺は流石は土橋先生ですね。きゃっきゃっうふふも良いけど、黒土橋の方が個人的には好きだったりします。続きを読んでみたいけど、果たしてどうなるのやら。こういう作品もっと売れて欲しいなぁ。 …続きを読む
    まりも
    2017年11月14日
    36人がナイス!しています
  • ぼんやりしたままの部分が多かったけど、読み易くて面白かったです。毎回ゲーム設定そのものが手探り状態で進む所がドキドキする。次巻以降で色々分かってくるのかな? ぼんやりしたままの部分が多かったけど、読み易くて面白かったです。毎回ゲーム設定そのものが手探り状態で進む所がドキドキする。次巻以降で色々分かってくるのかな?
    かわゆきか
    2017年11月29日
    18人がナイス!しています
  • 土橋さんのデスゲームモノ。主人公の鳴海はその才能を見込まれ脱出ゲーム「サドンデス」に招待される。クラスメイトの梨々花を助けるためにタロットを集めるのだが、そんな彼の元に様々な事情を抱えた少女達が集まっ 土橋さんのデスゲームモノ。主人公の鳴海はその才能を見込まれ脱出ゲーム「サドンデス」に招待される。クラスメイトの梨々花を助けるためにタロットを集めるのだが、そんな彼の元に様々な事情を抱えた少女達が集まってき・・・な話。やはり人の心理を書く描写が上手いな。前半はまだ比較的に平和な感じだったが後半から何時もの土橋節が炸裂してたな。個人的には面白いと思うが続きは出るか微妙そう。 …続きを読む
    アウル
    2017年11月11日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品