父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784042560654

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ

  • 著者 みかみてれん
  • イラスト いなほ 咲貴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784042560654

デスゲーム、運営する側だってデスゲームなんだよ!

 時はまさに大デスゲーム時代! 「参加者全員殺し合い、生き残れば億万長者」――デスゲームは誰もが参加を渇望する一大エンタテインメントとなっていた。これは革新的で刺激的なデスゲームを次々と発表し、卓越した運営手腕と恐るべき強運で数々の危機を乗り切る中間管理職・黒崎鋭司の物語。
 上司の無茶ぶり、部下の期待、市場のニーズに応え続ける。時には同業他社や参加者から恨みを買い、巨乳の美人部下から尊敬以上の愛情を向けられても、動じてはならない。なぜなら、愛する妻と娘の生活がかかっているのだから。
 そう――「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タイトル買い。これは面白かったわ。デスゲームが一大エンタテインメントととなった時代で、中間管理職である主人公は上司の無茶振り部下達からの期待、ライバル会社からの嫌がらせなど様々な危機を勢いと幸運で乗り タイトル買い。これは面白かったわ。デスゲームが一大エンタテインメントととなった時代で、中間管理職である主人公は上司の無茶振り部下達からの期待、ライバル会社からの嫌がらせなど様々な危機を勢いと幸運で乗り切り愛する妻子の為に頑張って働くお話。デスゲームと言う殺伐とした題材なのにコミカルに書かれていて読みやすく面白かった。仕事している時と家族と過ごしている時のギャップの差に笑った。漫画連載しているとは知らなかったが今月出るので買おう。 …続きを読む
    アウル
    2018年02月17日
    16人がナイス!しています
  • 世はデスゲーム全盛期。「参加者全員殺し合い、生き残れば億万長者」。そんなデスゲームは運営する者たちにとってもデスゲーム。中間管理職・黒崎鋭司は、愛する妻と娘のために今日も今日とて様々な案件や苦境に奮闘 世はデスゲーム全盛期。「参加者全員殺し合い、生き残れば億万長者」。そんなデスゲームは運営する者たちにとってもデスゲーム。中間管理職・黒崎鋭司は、愛する妻と娘のために今日も今日とて様々な案件や苦境に奮闘する。扱いにくい天才。巨乳の部下。好意を向けてくる娘の同級生。邪魔なデスゲーム荒らし。敵意を抱く同業者。仕事に誇りを持って、家族のために働く男。なかなか熱い。 …続きを読む
    サケ太
    2018年02月13日
    16人がナイス!しています
  • 家族のためにデスゲーム運営会社で働く有能な主人公の話。かなり出来る男であり、家族第一主義でもある主人公が読んでいて面白く頼もしいという感じで。内容もかなり良かった。大正義との話はハラハラ感もあり。次を 家族のためにデスゲーム運営会社で働く有能な主人公の話。かなり出来る男であり、家族第一主義でもある主人公が読んでいて面白く頼もしいという感じで。内容もかなり良かった。大正義との話はハラハラ感もあり。次を期待したい。 …続きを読む
    HANA
    2018年04月11日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品