青の聖騎士伝説II LAMENTATION OF THE EVIL SORCERER

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048932868

青の聖騎士伝説II LAMENTATION OF THE EVIL SORCERER

  • 著者 深沢 美潮
  • イラスト 米田 仁士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048932868

『FQ』『デュアン』に繋がる物語。書き下ろしを加え、待望の文庫化!!

伝説の青の聖騎士クレイ・ジュダの冒険譚、文庫化第二弾! 単行本収録章に加え、グリーンドラゴン・ジェームラウとの運命的な出会いを描く書き下ろし章を収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「青の聖騎士伝説II LAMENTATION OF THE EVIL SORCERER」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シドの剣が生まれた経緯とシドの魔道士グラシェラの対決、若き日の魔法使いサヴァランを巻き込んだ策謀や魔道士グラシェラの秘された過去に触れる第二弾。今読むとわりと淡々とした文章かなと思わなくもないですが一 シドの剣が生まれた経緯とシドの魔道士グラシェラの対決、若き日の魔法使いサヴァランを巻き込んだ策謀や魔道士グラシェラの秘された過去に触れる第二弾。今読むとわりと淡々とした文章かなと思わなくもないですが一方で読みやすさもあって、元凶である魔道士グラシェラとの対決や暗躍を描いた後に、そこでグラシェラ自身が堕ちるまでのエピソードを挿入した上でその結末を描くあたりが上手いですね。フォーチュン・クエスト以前にあった時代の物語ですが、これを読んでるとフォーチュン・クエストが懐かしくなるというか、また読みたくなりますね。 …続きを読む
    よっち
    2017年09月06日
    26人がナイス!しています
  • 「シドの剣」が巡った運命と青の聖騎士の冒険譚を描く第二弾。書き下ろし「ジェーラムの章」を加えた話。あー、これ読むとフォーチュンクエストめっちゃ読み返したくなるなぁ。古き良き王道ファンタジーの熱さと壮大 「シドの剣」が巡った運命と青の聖騎士の冒険譚を描く第二弾。書き下ろし「ジェーラムの章」を加えた話。あー、これ読むとフォーチュンクエストめっちゃ読み返したくなるなぁ。古き良き王道ファンタジーの熱さと壮大さ、ワクワク感の全てを備えた素晴らしい作品ですね。結構重たいエピソードでもサクサク進んでいくのでRPGゲームをやってるみたいな感覚で読めるのが良い。これこそ正統派ファンタジーの面白さってところでしょうか。ロードスもやけど、こういう冒険ファンタジーってやっぱり良いですね。 …続きを読む
    まりも
    2017年08月15日
    26人がナイス!しています
  • 伝説の聖騎士の物語の続き、かつての旅立ち、策謀混じりのドタバタ、そして悪の根底に触れる今巻。―――彼の旅路、その先の伝説はまだ先に。伝説の聖騎士、ひ孫と同じ名を持つクレイ。そんな彼についてまだまだ語っ 伝説の聖騎士の物語の続き、かつての旅立ち、策謀混じりのドタバタ、そして悪の根底に触れる今巻。―――彼の旅路、その先の伝説はまだ先に。伝説の聖騎士、ひ孫と同じ名を持つクレイ。そんな彼についてまだまだ語っていく今巻は、作者様の悪への見解が一つの答えとして示されている巻であり、ある意味納得できる悪としての形の一つが示されている巻である。悪という病は心の弱みに付け込み、根を張る。そんな隙すらも介在しない聖騎士。彼はこの先如何にして聖騎士へと駆けあがり、未来へと血を繋いでいくのだろうか。 次巻も楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2017年08月15日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品