ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
392
ISBN:
9784041060308

ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争

  • 著者 河野 裕
  • 著者 河端 ジュン一
  • イラスト 椎名 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
392
ISBN:
9784041060308

『サクラダリセット』 コンビが贈る、新たなる青春ファンタジー。

8月をループする街・カミサキ。この街に迷い込んだ人は特殊能力を与えられ、限られた食糧を巡る戦争に身を投じる――だが《臆病者》の高校生・香屋と幼馴染み・秋穂は、戦闘に全く役立たない能力を選んで……?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ウォーター&ビスケットのテーマ1 コンビニを巡る戦争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一ヶ月で時間が戻る荒廃した街・架見崎。臆病な少年と幼馴染の少女が、その街を舞台にした戦いに巻き込まれていく物語。結構好きかも。戦いに必要なのは力ではなく知力。幼い頃に見たアニメのテーマを胸に抱き、臆病 一ヶ月で時間が戻る荒廃した街・架見崎。臆病な少年と幼馴染の少女が、その街を舞台にした戦いに巻き込まれていく物語。結構好きかも。戦いに必要なのは力ではなく知力。幼い頃に見たアニメのテーマを胸に抱き、臆病で無力な少年が知略を駆使し、死の気配が付き纏うゲームを生き延びる。この緊迫感と爽快感、そして難解なロジックを駆使した読み応えのある展開と、作品に漂う独特の空気感。これらが上手いこと噛み合う事で、この物語にしか出せない面白さが出ていたと思う。まだ始まったばかりでこれなら次はもっと面白い。次巻も楽しみにしてます。 …続きを読む
    まりも
    2017年09月06日
    53人がナイス!しています
  • 『正常性バイアス』… もう次巻が読みたい… 世界の謎、SF、戦略ゲーム、臆病な主人公、それでいて綺麗な文章。 期待して待ちたい。。 『正常性バイアス』… もう次巻が読みたい… 世界の謎、SF、戦略ゲーム、臆病な主人公、それでいて綺麗な文章。 期待して待ちたい。。
    Junichi Yamaguchi
    2017年10月10日
    52人がナイス!しています
  • 臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼馴染秋穂が迷い込んだのは、8月がループする街「架見崎」だった。戦闘の役に立たない能力を希望した二人が、乏しい物資を巡る戦争に巻き込まれてゆく物語。設定されたルール 臆病であることを誇る高校生・香屋歩と幼馴染秋穂が迷い込んだのは、8月がループする街「架見崎」だった。戦闘の役に立たない能力を希望した二人が、乏しい物資を巡る戦争に巻き込まれてゆく物語。設定されたルールの中で戦うゲームのような世界に飛ばされ弱小「キネマ倶楽部」に所属することになった二人が、いきなり戦闘に巻き込まれてゆく展開でしたけど、ゲームの本質を見極めつつ強者との駆け引きの読み合いで一歩先を行く二人は存在感がありましたね。もう一人の幼馴染がちょっと意外でビックリでしたが、続巻でどうなるか期待ということで。 …続きを読む
    よっち
    2017年12月04日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品