僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月29日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784047347182

僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している

  • 著者 手島 史詞
  • イラスト 烏羽 雨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月29日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784047347182

美坂亜理寿10歳。職業は魔法使い。

浪人生になってしまった九条篤志。バイト先の珈琲店でおいしい珈琲を淹れることに腐心する日々の中、気がかりが一つあった。それは店の片隅で平日の昼間からランドセルを傍らに珈琲を飲む亜理寿のこと。そんなある日、魔法使いを自称するその少女から篤志はある悩みを打ち明けられて――「人を殺してほしいようなことを言われました。断ると今度はわたしが殺されてしまうそうで、少しだけ困っています」。――これは小さな魔法使いと若い珈琲係【バリスタ】が紡ぐ奇跡の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕の珈琲店には小さな魔法使いが居候している」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日がな一日閑古鳥が鳴いている珈琲店でバイトとして働く九条篤志は、店の常連であり平日の昼間から店の片隅で読書をしながらカップを傾ける小学生の少女・亜理寿の事を気にしていた。そんなある日、「人を殺してほし 日がな一日閑古鳥が鳴いている珈琲店でバイトとして働く九条篤志は、店の常連であり平日の昼間から店の片隅で読書をしながらカップを傾ける小学生の少女・亜理寿の事を気にしていた。そんなある日、「人を殺してほしいと言われました。断れば私が殺されそうです」と彼女から衝撃の告白を受けてしまい…。寂れた珈琲店に迷い込んだ客達が抱える問題にとある秘密の力を持つ篤志と、小さな魔法使いである亜理寿が向き合っていく姿が良く、魔法や呪い、精霊といった不思議な存在に囲まれた珈琲店を訪れてみたくなりました。皆辛い何かを抱えて生きている …続きを読む
    スズ
    2017年09月06日
    58人がナイス!しています
  • 浪人中のバイト・篤志の働く珈琲店で平日の昼間からランドセルを傍らに珈琲を飲む女の子・亜理寿。これはそんな二人が紡ぐ物語。良いんじゃないの。まるで休憩の時に飲む珈琲みたいにホッと一息つける作品ですね。小 浪人中のバイト・篤志の働く珈琲店で平日の昼間からランドセルを傍らに珈琲を飲む女の子・亜理寿。これはそんな二人が紡ぐ物語。良いんじゃないの。まるで休憩の時に飲む珈琲みたいにホッと一息つける作品ですね。小さな魔法使い亜理寿の可愛らしさと、主人公篤志が懸命に頑張る姿がとても良い。派手さはありませんが、心が落ち着くぬくもりと綺麗で静かな雰囲気のする良い物語だと思います。ラストの亜理寿の笑顔は心を癒し、疲れを吹き飛ばすデトックス作用がありますね。今後はラブコメ面も期待できそうだし、続きがあるなら読みたいな。 …続きを読む
    まりも
    2017年07月30日
    45人がナイス!しています
  • 一見現実世界みたいなんだけど、そこに魔法を混ぜこんだ設定が好み。主人公たちの日常生活や身の上のあれこれの都合と、不思議な出来事がほどよい分量で同居しているので、気持ちよく読めた。ただ、最後の大掛かりな 一見現実世界みたいなんだけど、そこに魔法を混ぜこんだ設定が好み。主人公たちの日常生活や身の上のあれこれの都合と、不思議な出来事がほどよい分量で同居しているので、気持ちよく読めた。ただ、最後の大掛かりなエピソードはちょっと困惑。主人公たち二家族だけの事件ではないし、禍福はあざなえる縄のごとしという現象を知っているので、簡単にそれをなくしていいものかと疑問が残る。そしてじつに都合のいい改変だけが行われて、…でもたぶん、人間が使う魔法なんて、結局そんなふうに利己的な用途に発揮されるものなんだろうな。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2017年09月28日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品