日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち

日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年06月21日
商品形態:
電子書籍

日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち

  • 著者 石井 妙子
発売日:
2019年06月21日
商品形態:
電子書籍

女たちは、偏見と迷信を破り続けた。各界のガラスの天井を打ち破り、後に続く人々のために道をつくってきた多くの人達の軌跡から、この国の姿を浮き彫りにする。「女」を追いかけ続ける著者が描く、闘いの時代史!!

女たちは、偏見と迷信を破り続けた。
超えたもの、そして未だ超えられぬものとは!?
「女」を追いかけ続ける著者が描く、闘いの時代史。

無数の声なき女性たちの嘆き、悲しみ、憤怒の声が、彼女たちの歩を進めた。
・女性初の一部上場企業役員となった、高島屋取締役の石原一子。
・囲碁界で女性初の高段者となった棋士、杉内壽子。
・男女雇用機会均等法を推し進めた、労働省初代婦人局長の赤松良子。
・登山家でエベレスト登頂を成し遂げた、田部井淳子。
・『ベルサイユのばら』で歴史漫画を女性で初めて成功させた、池田理代子。
・NHKアナウンサーで女性初のアナウンス室長になり、定年まで勤め上げた山根基世。
・女性初の真打となった、落語家の三遊亭歌る多。

日本にはガラスの、いや鉄か鉛で出来ていた天井があった。
出ること、伸びること、知ることを封じられた女性たちがいた。
その状況に我慢せず、各界の天井を打ち破り、道をつくってきた「第一号」がいる。
そして、彼女たちを後押しした無数の声なき女性たちがいる。
しかし、未だ天井は残る。
大正から昭和、平成、令和へと移ろう中、私たちは何を克服し、何を克服しえていないのか? 
女たちの歴史から、この国の姿を浮き彫りにするノンフィクション!

目次

まえがき

第一章 砕き続けたのは、働く女性への偏見
第二章 破ったのは、女性への迷信
第三章 変えたのは、個人では破れない制度
第四章 手にしたかったのは、経験そのもの
第五章 描いたのは、読み捨てられない“文化“
第六章 追い求めたのは、職業の本質
第七章 望んだのは、優遇ではなく、同等の扱い

あとがき
主要参考文献


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本の天井 時代を変えた「第一号」の女たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これも日経の書評を読んで手にした一冊です。女性で「初」のことを成し遂げた七名の女性の奮闘記です。何かをやろうとすると、男性から「女のくせに」と抑え込まれ、女性から「家事・育児をほっぱらかして」と足を引 これも日経の書評を読んで手にした一冊です。女性で「初」のことを成し遂げた七名の女性の奮闘記です。何かをやろうとすると、男性から「女のくせに」と抑え込まれ、女性から「家事・育児をほっぱらかして」と足を引っ張られる。女性が男性と伍して社会生活を営むことは、まるで障害物競走をしているようだと、どなたかが述べていましたが、正しくその通りだと思いました。気付かないで行う偏見や差別も罪です。女性に対する態度や行為に注意しなければと思いました。今年読んだ本のうち、最もインパクトのあったものの一つです。強くお勧めします。 …続きを読む
    ケニオミ
    2019年07月31日
    13人がナイス!しています
  • 愈々「男性優位社会」に地殻変動が起きつつあるようです。女性の雇用はパート中心から、基幹職の採用で女性3割採用を進める企業も多く見るようになり、離職率も減ってきています。人手不足が益々その動きに拍車をか 愈々「男性優位社会」に地殻変動が起きつつあるようです。女性の雇用はパート中心から、基幹職の採用で女性3割採用を進める企業も多く見るようになり、離職率も減ってきています。人手不足が益々その動きに拍車をかけるでしょう。その時忘れてならないのは、ガラスの天井を打ち破ってきた先駆者の苦闘。「女」を追いかける「女」である著者のインタビューは、温かく厳しい(時に容赦ない)言葉(石原一子さん:『女性にも甘えがある。周囲に依存し自分で考えようとしない』等)で本質を抉りエールを送ります。女性のみならず男性にもお勧めします。 …続きを読む
    koji
    2019年08月12日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品