試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784041056820

君と四度目の学園祭

  • 著者 天音 マサキ
  • イラスト やすも
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784041056820

このままの関係が続けばいい。そう思ってた――。

高2の秋。
5日後に迫った学園祭の練習の帰り道、刻谷結羽太はトラック事故に遭いかける。傍らにいた幼馴染の少女・新都久遠がわがままを言って引き留めなければ、大事故になっていたかもしれない。九死に一生を得た結羽太だったが、その後も何かとトラブルに見舞われるように。そんな折り、久遠が学園祭で誰かに「告白」するという噂を聞く。はっきりと彼女への想いを認識した結羽太は久遠に想いを伝える決意をするが……。今日の「告白」を忘れてしまっても、明日君が「思い出」から消えても、必ず伝えにいくから。だから、どうか学園祭で待っていて――。恋と焦燥と疾走が胸を焦がす、青春エンターテイメント!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「君と四度目の学園祭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 学園祭が間近に迫る高2の秋。連日大事故に繋がりかねないトラブルに見舞われ続けながら、なぜか幼馴染の少女・久遠に助けられていた結羽太。そんな折り久遠が学園祭で誰かに告白するという噂を聞く青春小説。そばに 学園祭が間近に迫る高2の秋。連日大事故に繋がりかねないトラブルに見舞われ続けながら、なぜか幼馴染の少女・久遠に助けられていた結羽太。そんな折り久遠が学園祭で誰かに告白するという噂を聞く青春小説。そばにいるのが当たり前な久遠の想い人に気づけない結羽太。彼を死から救うためにやり直し続けてきた久遠に突きつけられる絶望。序盤展開の分かりづらさはやや気になりましたが、最後まで諦めない久遠の過去を知り、結羽太が失われかけていたものを取り戻しに行く展開は、報われないことも多い幼馴染ものとしてぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2017年05月31日
    39人がナイス!しています
  • 悪くはない、悪くはないんだけど・・・。何だか入り込めませんでした。高校生の男女がメインとなって進んでいく、タイトル通りのお話でした読み終えてから時間がたつと内容もすぐに忘れてしまいそうな感じでした。残 悪くはない、悪くはないんだけど・・・。何だか入り込めませんでした。高校生の男女がメインとなって進んでいく、タイトル通りのお話でした読み終えてから時間がたつと内容もすぐに忘れてしまいそうな感じでした。残念でした。 …続きを読む
    そのぼん
    2017年07月16日
    24人がナイス!しています
  • 予想していたのとはちょっと違っていたかな。やり直しモノ。両思いの幼馴染どうしなのに、結羽太は身近にいて当たり前と思いすぎてて久遠の想いに気付かず、久遠は久遠で自身の秘密に関わる事の為に付き合うことがで 予想していたのとはちょっと違っていたかな。やり直しモノ。両思いの幼馴染どうしなのに、結羽太は身近にいて当たり前と思いすぎてて久遠の想いに気付かず、久遠は久遠で自身の秘密に関わる事の為に付き合うことができないと言う、なんともモヤモヤした展開だった。最後の締めはハッピーエンドで上手い事収めたけれどもそこに至るまでが個人的に微妙だった。 …続きを読む
    アウル
    2017年06月03日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品