ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)

ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年05月15日
商品形態:
電子書籍

ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)

  • 原作 ファラデー
  • 文 平野累次/冒険企画局
  • 絵 上地 優歩
発売日:
2017年05月15日
商品形態:
電子書籍

ノーベル賞受賞者も読んでいた!? 理科が好きになる、たのしい実験の本!

ノーベル化学賞が決まった吉野彰さんが小学4年生のときに出会い、「化学への興味を持つ原点」となった運命の1冊。
2016年にも、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典さんが子どものころに読み、科学者を志すきっかけになった本として注目されていたファラデーの『ロウソクの科学』を小学生向けにわかりやすくした角川つばさ文庫版!

「燃えたロウソクは、どこへ消えたの?」
「水と氷って、どっちが重いの?」
「さかさまにしたコップの水が落ちないのは、どうして?」
1本のロウソクを使ったたのしい実験で、身のまわりのふしぎを学ぼう! 
科学者のファラデーが子どもたちに見せた24の実験をイラストと物語でやさしく教えるよ! 
読めばだれでも理科がわかる・科学を好きになる! 
たのしくておもしろい、理科実験の入門書!【小学中級から ★★】


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科(角川つばさ文庫)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノーベル化学賞吉野彰さんが科学の道を進むきかっけになったというファラデー『ロウソクの科学』の実験部分をピックアップし読みやすくストーリー仕立てに再構成したもの。ジュニア向けにも関わらず…ザ・文系の私に ノーベル化学賞吉野彰さんが科学の道を進むきかっけになったというファラデー『ロウソクの科学』の実験部分をピックアップし読みやすくストーリー仕立てに再構成したもの。ジュニア向けにも関わらず…ザ・文系の私にはちんぷんかんぷんでした。大人になったらちょっとは分かるかと思って、自館に入れる前に読みましたが物の見事に打ちのめされました。実験の流れや結果までの過程が全然想像出来ないので写真が欲しいです~泣 この原著を小4で読まれた吉野さん…スゴすぎます。(語彙力…泣) …続きを読む
    chiaki
    2019年10月31日
    30人がナイス!しています
  • ノーベル賞を受賞した吉野先生が、子供の頃に読んで科学に興味を持つきっかけになった本として紹介されて話題となった本。子供向けに書かれたつばさ文庫の方を読みましたが、それでもこれを読んで理解し、面白いと思 ノーベル賞を受賞した吉野先生が、子供の頃に読んで科学に興味を持つきっかけになった本として紹介されて話題となった本。子供向けに書かれたつばさ文庫の方を読みましたが、それでもこれを読んで理解し、面白いと思える子はどのくらいいるだろうか?と思うくらい科学は奥が深くて難しいと思いました。子供には文章で説明されている科学は頭で理解しずらいのでもっとイラストをふんだんに使って目に訴えた方がいいと思います。やっぱり子供時代にこれを素直に「面白い!」と言える吉野先生は普通の子とは違うのでしょうね。 …続きを読む
    tan
    2019年11月25日
    22人がナイス!しています
  • 『ロウソクの科学』の角川つばさ版かと思ったら、部分部分の実験を引用しつつ再構成した別のお話。ファラデーに憧れる原出先生が開く不思議な科学教室に、双子の大翔と陽菜が自由研究のヒントを得るために通う。話と 『ロウソクの科学』の角川つばさ版かと思ったら、部分部分の実験を引用しつつ再構成した別のお話。ファラデーに憧れる原出先生が開く不思議な科学教室に、双子の大翔と陽菜が自由研究のヒントを得るために通う。話としてはともかく、実験結果が、それを支える知識に対して難しい気がした。実験の方法やルールはきっちり書いてあるが、そこに食いついて面白がれるかというと、うーん。 …続きを読む
    鳩羽
    2017年06月05日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品