試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041056110

凶宅

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041056110

本格ミステリ大賞受賞作家が綴る、”最凶”の家ホラー。

山の中腹に建つ家に引っ越してきた、小学四年生の日々乃翔太。周りの家がどれも未完成でうち棄てられていることに厭な感覚を抱くと、暮らし始めて数日後、幼い妹が妙なことを口にする。この山に棲んでいるモノが、部屋に来たというのだ。それ以降、翔太は家の中で真っ黒な影を目撃するようになる。怪異から逃れるため、過去になにが起きたかを調べ始めた翔太は、前の住人の残した忌まわしい日記を見つけ――。“最凶”の家ホラー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「凶宅」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりに三津田さんの家に関するホラーを読みましたが、子供が主人公で今まで読んだものとは若干イメージが異なりました。ただ舞台は奈良県というのがいくつか読んだ本を思い出してこのようなことも起こるイメージ 久しぶりに三津田さんの家に関するホラーを読みましたが、子供が主人公で今まで読んだものとは若干イメージが異なりました。ただ舞台は奈良県というのがいくつか読んだ本を思い出してこのようなことも起こるイメージというのが定着している気がしました。家族が犠牲になってしまって読後の感じはあまりよくないのですがそれなりに楽しめた気はします。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年10月19日
    120人がナイス!しています
  • 家シリーズ二作目。全体的には面白く読めたんだけどなぁ 山の中腹にある築間もない家に引っ越すことになった一家を襲う怪異。 土着信仰をベースにしたホラーで、扇婆や希美のシーンは緊迫感があり楽しめた。けどオ 家シリーズ二作目。全体的には面白く読めたんだけどなぁ 山の中腹にある築間もない家に引っ越すことになった一家を襲う怪異。 土着信仰をベースにしたホラーで、扇婆や希美のシーンは緊迫感があり楽しめた。けどオチがぶち壊してしまったなぁ(^_^;) その山に住まう神なり魑魅魍魎の贄となるための儀式だったとして完結してしまったほうがよほどおどろおどろしかったのに。引越し先まで付いてきちゃ台無しな気がしてしまう。贄となった一家には救いの道はないから皆死んでしまうという解釈もできなくはないけどちょっと釈然としないラスト。 …続きを読む
    suzuro
    2020年01月26日
    55人がナイス!しています
  • 幸平がいい人すぎる。幸平が忍び込んだ廃墟屋敷の一夜の出来事も詳しく読んでみたかった。そして、最後の一行。ゾクッとさせられた。 幸平がいい人すぎる。幸平が忍び込んだ廃墟屋敷の一夜の出来事も詳しく読んでみたかった。そして、最後の一行。ゾクッとさせられた。
    じゅんぢ
    2018年03月17日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品