試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784048927819

この恋に未来はない1

  • 作画 粉子 すわる
  • 原作 森橋 ビンゴ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784048927819

僕にはヒミツがある。一生秘めると誓った、2つのヒミツが――。

1980年、春――。
都内の大学に通う曲直瀬雄二(まなせゆうじ)は、2つの“ヒミツ”を抱えていた。
それは、高校からの腐れ縁である松永正樹への密かな想い。そしてもう1つは、自分の性に対する違和感だった。

ある日、映画業界で働く姉が撮影用の“ドレス”を雄二の家に残したことをきっかけに、雄二の人生は大きく変わることになる。
“ドレス”を身にまとった雄二は、自分の体への違和感が小さくなっていくのを知ってしまったのだった――。

まだ“トランスジェンダー”という言葉が知られていなかった、昭和時代。
「心の性」と「体の性」の違和感に苦しみながら、“カノジョ”が望んだのは……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「この恋に未来はない1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 粉子すわる先生の作画買い。体と心の乖離に苦しむトランスジェンダーの青年・曲直瀬の物語。偶然身に着けてしまった女性用の服、女装姿を見て道を外れてはいけないと思いつつも本来の居場所を知ってしまう。ずっと閉 粉子すわる先生の作画買い。体と心の乖離に苦しむトランスジェンダーの青年・曲直瀬の物語。偶然身に着けてしまった女性用の服、女装姿を見て道を外れてはいけないと思いつつも本来の居場所を知ってしまう。ずっと閉じ込めていた女という蛹が羽化を始めてしまった…。未来は無いと諦めていた同級生の正樹への恋に「女なら?」と淡い期待を抱いてしまうが、正樹の彼女や正樹に想いを寄せる女の子が複雑に絡まりあってくる。男のまま男が好きなゲイの後輩は敵か見方か…。言葉を失うぐらい重い。曲直瀬の苦しみが少しでも軽くなる展開を期待してます。 …続きを読む
    ミキ(←ツイッターと同じにしました)
    2017年06月21日
    35人がナイス!しています
  • この恋と、その未来。の作者、森橋ビンゴさんが原作を書いた作品。この恋と、その未来。のスピンオフで松永四郎の父親、正樹が大学生の頃の話で、内容もこの恋と、その未来。に近い感じで、こっちの方が対象年齢は上 この恋と、その未来。の作者、森橋ビンゴさんが原作を書いた作品。この恋と、その未来。のスピンオフで松永四郎の父親、正樹が大学生の頃の話で、内容もこの恋と、その未来。に近い感じで、こっちの方が対象年齢は上かな。 …続きを読む
    アウル
    2017年03月25日
    11人がナイス!しています
  • 短っ! というのが読み終わっての第一印象。電子書籍で読んでみたので実際の本の厚さはどれぐらいかわからないけど、まだそれほど話が動かないまま一巻が終わってしまった感じで少々もの足りない。『この恋と、その 短っ! というのが読み終わっての第一印象。電子書籍で読んでみたので実際の本の厚さはどれぐらいかわからないけど、まだそれほど話が動かないまま一巻が終わってしまった感じで少々もの足りない。『この恋と、その未来。』の四郎の父の若いころも出てくるけど、今のところそれほど深く掘り下げられていないのも残念。身体は男だけど女の心を持つ主人公に、男だけど男を好きになる人物と知り合ったのは何をもたらすことになるのか気になる。 …続きを読む
    alleine05
    2017年05月05日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品