シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー

シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年11月24日
商品形態:
電子書籍

シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー

  • 著者 ベリル・エヴァンス
  • 翻訳 風間 賢二
発売日:
2017年11月24日
商品形態:
電子書籍

スティーヴン・キング 最初で最後の絵本 伝説の1冊が限定版で登場!

「こういう絵本を、ずっと書きたいと思っていた」──スティーヴン・キング映画『ダーク・タワー』(2018年1月全国公開) 作中人物による絵本


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キング氏の『ダーク・タワー』シリーズと縁があるベリル・エヴァンス氏による温かい絵本。子供たちに大人気の機関車チャーリー。彼の望みは廃車になるまで、機関車として働き続けることだが時は無常で・・・。歯の第 キング氏の『ダーク・タワー』シリーズと縁があるベリル・エヴァンス氏による温かい絵本。子供たちに大人気の機関車チャーリー。彼の望みは廃車になるまで、機関車として働き続けることだが時は無常で・・・。歯の第一印象がちょっと、怖いかなと思ったチャーリーですが、とてもいい子じゃないですか。だからこそ、走れなくなってから涙を流す姿は悲しかった・・・。でも自分の能力を信じてベストを尽くせば、見てくれる人は確かにいるから。もちろん、友情といい意味での矜持は捨てなかった車掌も素敵さ♪ …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2017年11月26日
    75人がナイス!しています
  • 『ダークタワー』に登場するベリル・エヴァンスによる絵本。エヴァンス名義だが、もちろん書いているのはスティーヴン・キングだ。リチャード・バックマンといい、キングはこの手の遊びが大好きなのだ。しかし、遊び 『ダークタワー』に登場するベリル・エヴァンスによる絵本。エヴァンス名義だが、もちろん書いているのはスティーヴン・キングだ。リチャード・バックマンといい、キングはこの手の遊びが大好きなのだ。しかし、遊びだからといって、いい加減ではない。いや、遊びだからこそ、真剣に取り組む。内容もさることながら、虚構を現実世界に実在させることで、虚構そのものをリアルに感じさせる絶大な効果をもたらせている。風間賢二による解説にも書かれているように、読者を自作の虚構世界へ誘う演出が素晴らしい。 …続きを読む
    ぐうぐう
    2019年07月01日
    28人がナイス!しています
  • キングの「ダーク・タワー」シリーズに登場した絵本。『こういう絵本を、ずっと書きたいと思っていた』ってどういう意味だろう? 既に物語を明瞭に思い出せない。なにも知らずに読めば、ごく普通の、ハッピーエンド キングの「ダーク・タワー」シリーズに登場した絵本。『こういう絵本を、ずっと書きたいと思っていた』ってどういう意味だろう? 既に物語を明瞭に思い出せない。なにも知らずに読めば、ごく普通の、ハッピーエンドの絵本だ。しかしチャーリーの顔だけタッチが怖くないか。「ダーク・タワー」を読んだ私には、恐怖ワードが散りばめられているように感じるのだ。いや、確かにリンクしている。やめて怖いから。発売時には風間さんによる解説の冊子が付属していたらしい。この絵本の存在に気づくのが遅く、古本として買ったらついていなかった。残念。 …続きを読む
    Sakie
    2019年07月09日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品