ニンジャスレイヤー リフォージング・ザ・ヘイトレッド

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
552
ISBN:
9784047344099

ニンジャスレイヤー リフォージング・ザ・ヘイトレッド

  • 著 ブラッドレー・ボンド
  • 著 フィリップ・N・モーゼズ
  • 訳 本兌 有
  • 訳 杉 ライカ
  • 画 わらいなく
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
552
ISBN:
9784047344099

敗北! 暗殺! 開戦! 沸き上がる憎悪と憤怒!

マルノウチ・スゴイタカイビル屋上。ひとり佇む復讐鬼の眼下では、痛ましい抗争を弔うために建てられた奥ゆかしい慰霊碑が、人知れず撤去されようとしていた。しかし、たとえ碑が消えようとも、あの闇のニンジャ抗争の日から始まった彼の復讐が終わることはない。ニンジャの生首を奪い、シャチホコにセンコとして供え、ひたすらに妻子を弔う。彼は己の中にいくつもの矛盾をはらみながら、過酷な都市のサップーケイへと突き進んだ。ーー「リフォージング・ザ・ヘイトレッド」

かろうじて命を繋ぎとめたフジキドは、ネオサイタマ辺境のごみ溜め場「ドリームランド埋立地」にて老人ニンジャ/マスター・ヴォーパルに理不尽な搾取を受けていた。かつての弟子を破ったフジキドの腑抜けた様子に憤りを覚えたマスター・ヴォーパルは、彼に問い続ける。「お前は弱い!」「目的は何だ。イクサに勝ちたいか? 望みを言え!」すべては彼の、最上の復讐劇のために。ーー「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」

初翻訳を含む6作を収録!
【収録作】
「リフォージング・ザ・ヘイトレッド」
「ヒア・カムズ・ザ・サン」
「ウィアード・ワンダラー・アンド・ワイアード・ウィッチ」
「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」
「レガシーズ・オブ・メガトリイ」(初翻訳)
「レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド」(前編)

もくじ

【収録作】
「リフォージング・ザ・ヘイトレッド」
「ヒア・カムズ・ザ・サン」
「ウィアード・ワンダラー・アンド・ワイアード・ウィッチ」
「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」
「レガシーズ・オブ・メガトリイ」(初翻訳)
「レイズ・ザ・フラッグ・オブ・ヘイトレッド」(前編)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ニンジャスレイヤー リフォージング・ザ・ヘイトレッド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 復活のニンジャスレイヤー。マスター・ヴォーパルはなかなかに癖が強い。アガメムノンの背景も明かされつつ、アマクダリとの決戦の幕が上がる。そして、タニグチとニスイの親子の戦い。興奮必死だが、今後の展開への 復活のニンジャスレイヤー。マスター・ヴォーパルはなかなかに癖が強い。アガメムノンの背景も明かされつつ、アマクダリとの決戦の幕が上がる。そして、タニグチとニスイの親子の戦い。興奮必死だが、今後の展開への期待にあまりにも熱が溜まる。 …続きを読む
    サケ太
    2021年05月30日
    12人がナイス!しています
  • シリーズ第18弾。第3部もクライマックスが見え始めたような気がせんでもないような。前巻がなんかワチャワチャしてた分、頭に残ってないのがやや辛いものの、どの話も面白かった。次巻で後編をやる「レイズ・・ヘ シリーズ第18弾。第3部もクライマックスが見え始めたような気がせんでもないような。前巻がなんかワチャワチャしてた分、頭に残ってないのがやや辛いものの、どの話も面白かった。次巻で後編をやる「レイズ・・ヘイトレッド」用のメモ、KMC(キツネ・ムレ・チイサイ)のDJゼン=ストームことタニグチ、息子ニスイがデリヴァラーに。 …続きを読む
    はま
    2017年02月26日
    11人がナイス!しています
  • ニンジャを殺す意味。『リフォージング~』にてフジキドは己の中の憎悪に向き合い、『リヴィイング~』でモータル達の黒き炎の果てにナラクの根源を垣間見る。打ち上げられたロケット。月の裏側には。完全秩序を目指 ニンジャを殺す意味。『リフォージング~』にてフジキドは己の中の憎悪に向き合い、『リヴィイング~』でモータル達の黒き炎の果てにナラクの根源を垣間見る。打ち上げられたロケット。月の裏側には。完全秩序を目指す鷲の一族の野望。当時、誰がニンジャ宇宙大戦を予見しただろうか。お気に入りは『レガシーズ~』。ネコネコカワイイを筆頭に激しく前後するだけだった愛玩装置「オイランドロイド」がこういった形で物語に食い込んでくるとはな。アンブッシュ。 …続きを読む
    うさみP
    2016年12月12日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品