はたらく! 百鬼夜行1

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
152
ISBN:
9784047343696

はたらく! 百鬼夜行1

  • 著者 住吉 文子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年12月01日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
152
ISBN:
9784047343696

ニートな人間(ぼく)×働くあやかしたちの超リアル百鬼夜行!!

主人公・正太郎はK大卒のエリート…だが現在職なしのいわゆるエリートニート。
日々、親の金で飲んだくれ――寄生しまくりの生活を送っていた。
幼いころから自意識が高く性格がちょっとアレな彼の幼馴染みは全員妖怪!!!
「人間の友達がいない…。」
「職もない…。」
「しかも周りの妖怪どもははたらいている…。」


そんな悩みを抱えるちょっとゆがんだ人間一人と真面目(?)に働く妖怪たちが織り成すハイテンションギャグ☆

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「はたらく! 百鬼夜行1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妖怪買い、K大卒のニートと勤労妖怪達。食べたばかりなのに、お腹が空くのは天狗のせいか! 妖怪買い、K大卒のニートと勤労妖怪達。食べたばかりなのに、お腹が空くのは天狗のせいか!
    しましまこ
    2016年12月04日
    10人がナイス!しています
  • 人間の友達がいないエリートニートの正太郎と社会に溶け込み就職してる妖怪達の日常コミック。早く就職できるといいね、正太郎君。 人間の友達がいないエリートニートの正太郎と社会に溶け込み就職してる妖怪達の日常コミック。早く就職できるといいね、正太郎君。
    へへろ~本舗
    2016年12月02日
    6人がナイス!しています
  • 何が良いって、塗り壁だけ人の姿じゃなくて四角いこと(笑)一番印象に残ったシーンは、主人公が、妖怪が見えなくなる恐怖を感じるシーン。もしかしたら、妖怪は自分の想像の産物なんじゃないかと不安に駆られるシー 何が良いって、塗り壁だけ人の姿じゃなくて四角いこと(笑)一番印象に残ったシーンは、主人公が、妖怪が見えなくなる恐怖を感じるシーン。もしかしたら、妖怪は自分の想像の産物なんじゃないかと不安に駆られるシーン。基本ギャグなので、そういう場面が際立ちますね。やっぱり、妖怪が見える主人公には、いつまでも見えていて欲しいと思ってしまいます。 …続きを読む
    安吾
    2018年01月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品