有松恋染めノスタルジー

有松恋染めノスタルジー 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年11月15日
商品形態:
電子書籍

有松恋染めノスタルジー

  • 著者 藍生 有
  • イラスト 黒裄
発売日:
2016年11月15日
商品形態:
電子書籍

伝統が残る街・有松。ぶっきらぼうな絞り染め職人と紡ぐ恋の行方は――。

絞り染めの産地・有松。会社が倒産し祖母の喫茶店を手伝うことになった雪奈は、常連客の絞り染め職人・沢口と知り合う。古き良き伝統が残る街を舞台にぶっきらぼうな絞り染め職人と紡ぐ淡い気持ちの行方は――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「有松恋染めノスタルジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 祖母が営む喫茶店を手伝う女性の淡い恋。和のものを絡めると、なんともいえない色気が出る。恋もきっとこれから、うまくいくだろう。 祖母が営む喫茶店を手伝う女性の淡い恋。和のものを絡めると、なんともいえない色気が出る。恋もきっとこれから、うまくいくだろう。
    佐島楓@勉強中
    2016年11月19日
    55人がナイス!しています
  • 会社が倒産し絞り染めの産地・有松にある祖母の喫茶店を手伝うことになった雪奈。そんな彼女が常連客の絞り染め職人・沢口と知り合い、有松の地で様々な人々と関わるようになる物語。表情の読めない気ままな猫のよう 会社が倒産し絞り染めの産地・有松にある祖母の喫茶店を手伝うことになった雪奈。そんな彼女が常連客の絞り染め職人・沢口と知り合い、有松の地で様々な人々と関わるようになる物語。表情の読めない気ままな猫のような佇まいの一方で、職人としての姿を見せる沢口と、今後を考えてゆく中で徐々に有松に居場所を見出してゆく雪奈。展開としてはシンプルでさらっと読めるような展開でしたが、長く伝統を伝えてきた街で時代に合わせて形を変えながらも伝えていこうという想いや、落ち着いた雰囲気の中での二人の関係はなかなか悪くない読後感でした。 …続きを読む
    よっち
    2017年02月13日
    42人がナイス!しています
  • 着物や浴衣、染め物、和小物への熱が刺激される作品。今度時間が作れたら、最近直し込んでいる着物に風を通すのと、「有松」という土地へ職人仕事を見に行く予定を立てようと決めた今現在。影響されやすいんです、私 着物や浴衣、染め物、和小物への熱が刺激される作品。今度時間が作れたら、最近直し込んでいる着物に風を通すのと、「有松」という土地へ職人仕事を見に行く予定を立てようと決めた今現在。影響されやすいんです、私(笑)主人公29歳。長年勤めた会社が倒産。今後を考える為祖母の実家を訪れて…。同じ様に改めて色々と顧みる時間を得ている私としては、何だか後押しされた気分。これから何かが始まろうとしているこの終わり方もなんとも良い。が、沢口の人の求める色が見える云々の設定は、もっと早くに出すか出さなくても良かったかも。でも良作 …続きを読む
    蝶よ花You
    2017年03月02日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品