「霊魂」を探して

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784044001933
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

「霊魂」を探して

  • 著者 鵜飼 秀徳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784044001933

『寺院消滅』の著者、最新作! 現代日本人の霊魂観を追う

第一章 現代をさまよう霊魂
1 大都会に潜む怨霊伝説
  強化ガラスで覆われた首塚
  大阪・萱島駅のクスノキ伝説
  網棚の上に置き去られる骨壺
2 孤独死の現場で起きていること
  故人のメッセージを伝える
  瑕疵物件サイトはなぜ盛況なの
3 怪談和尚

第二章 僧侶は霊魂を信じているのか
1 近代教育を受けた僧侶たち
  霊魂の話ははばかられる
  僧侶1335人へのアンケート
  多くの僧侶が死を予知している
  虫の知らせ、科学者の見解
  持ち込まれる霊的な相談
  東日本大震災、幽霊現象への大きな反響
2 宗教法人の霊魂観
  釈迦も扱わなかった死後の世界
  宗門の教えと体験のギャップ
  僧侶に除霊ができるのか
  宗教法人へのアンケート
   真言宗(高野山真言宗)/天台宗/修験道(本山修験宗)
   日蓮宗/浄土宗/浄土(真宗大谷派)/ 臨済宗(妙心寺派)
   曹洞宗/神社本庁/創価学会/立正佼成会
   カトリック中央教会/幸福の科学

第三章 日本人の霊魂観
1 日本古来の「霊魂」の捉え方
  両墓性に見る伝統的な祖霊観
  柳田國男が見出した死後の魂の居場所
2 「浮かばれない魂」の行方
  傾聴ボランティア
  三島由紀夫の唯識的な霊魂観
  霊魂観の薄れと寺院消滅の関係
  民間霊能者と寺との関係性
  霊魂を直視することが仏教再生につながる

第四章 霊魂観が色濃く残る村
1 土に葬る村落
  土葬の墓に消えた車
  三昧に参拝しない理由
2 供養の現場での遭遇
  この世の人ではない
  墓場で消えた老人

第五章 現代のシャーマンたち
1 シャーマンは今もいるのか
  霊媒師、拝み屋、カミさま
  普通の「町」に多く潜むシャーマン
2 シャーマン化する僧侶
  不動明王のお告げ
  パラオでの供養
3 残されたわずかな正統派のイタコ
  20年ぶりの亡き「母」との邂逅
  死についてのカウンセラーとして
  恐山イタコに長蛇の列
  イタコとオシラサマ
  津軽の地蔵信仰
  津軽の尼僧イタコに下りてきた「母」
4 興隆を誇る沖縄のシャーマン
  地域の相談役、ユタ
  歯をすべて抜き、髪を伸ばし続ける
  85歳の神人が守る祭祀
  ニライカナイに最も近い神の島
5 アイヌのシャーマン、トゥスクル
  暗闇の中、トゥスクルの家を訪ねる
  神に憑かれる
  アイヌの他界観

もくじ

電車の網棚への遺骨の置き去りが増えるなど、
人々の霊魂観の薄れを感じさせるニュースが相次いでいる。
宗教界に目を転じれば、明確な霊魂観を持つところもある一方で、
霊魂が存在するのかしないのか答えられない教団もある。
現代における日本人の霊魂観を探るため、
著者は鎮魂の現場、土葬の風習が残る山村、
各地に息衝くシャーマンなど、数々の「霊魂の現場」を訪ね歩いた。
さらに、1335人の僧侶、20宗教団体への調査を敢行。
ここに日本人の霊魂観が明らかになる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「「霊魂」を探して」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 魂はなんとなく「ある」とおもっている、でも死んだあとどうなる?とつきつめて考えることはない。否応なく考えさせられるきっかけがなければ。例えば、東日本と阪神との幽霊譚の量のちがい。行方不明者の数は、それ 魂はなんとなく「ある」とおもっている、でも死んだあとどうなる?とつきつめて考えることはない。否応なく考えさせられるきっかけがなければ。例えば、東日本と阪神との幽霊譚の量のちがい。行方不明者の数は、それだけ、霊魂について納得させてもらいたいと求める人の数。◇そしてそれに向き合う宗教者たち。収められた各宗派、そして僧侶たちの霊魂観アンケート(貴重だ)に教義との矛盾を指摘するのに意味はない、いや、目の前の人に向き合うときとのズレにこそ、意味があるのかもしれない。自身も僧侶である著者ならではの当事者性がうれしい。 …続きを読む
    きいち
    2018年05月26日
    31人がナイス!しています
  • 『寺院消滅』『無葬社会』につづく新作。インタビュー取材やアンケートによって「現代日本と宗教」の姿を描き出すルポ。三作に共通するのは、これから宗教は日本社会にどのように関わっていくのかという問題提起。「 『寺院消滅』『無葬社会』につづく新作。インタビュー取材やアンケートによって「現代日本と宗教」の姿を描き出すルポ。三作に共通するのは、これから宗教は日本社会にどのように関わっていくのかという問題提起。「霊魂」というテーマを掲げるとおり、前二作と比べて宗教の根源に踏み込んでいる。興味深い各教団へのアンケート調査とともに、自身も宗教者である著者が見つめる「現代日本と宗教」の姿は「思い」に溢れている。 …続きを読む
    佐藤丈宗
    2018年03月09日
    4人がナイス!しています
  • 宗教家であっても現代に霊魂の存在を肯定するのは難しい。読んで思った事は生者の求めに応じる形でしか霊魂は存在しないんだなということ。 宗教家であっても現代に霊魂の存在を肯定するのは難しい。読んで思った事は生者の求めに応じる形でしか霊魂は存在しないんだなということ。
    rivaner
    2019年02月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品