玄武の花嫁 ~黒帝の婚姻~

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月06日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784048922142

玄武の花嫁 ~黒帝の婚姻~

  • 著者 秋山 みち花
  • イラスト 石田 要
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月06日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
242
ISBN:
9784048922142

生贄の少年花嫁、運命に従い冥界へ…!

生贄の少年花嫁、運命に従い冥界へ…!

ずっと貴方が、僕を見守ってくださっていたのですか…?  
翡翠は黒北国の王・玄武神への貢ぎ物として育てられた。飾り立てられ、そのまま神殿の奥の昏い迷宮へと送り込まれ、魔物に喰らわれる…はずが、玄武神・黒曜その人により救われた。生贄なのに花嫁として日々を過ごす中、翡翠なりに黒曜の役に立ちたくてとった行動は、眠ってはいけない黒曜を眠らせ冥界を開いてしまうことに…。大人気シリーズついに玄武神登場!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「玄武の花嫁 ~黒帝の婚姻~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆。シリーズ4。玄武×元神官見習い。王道の生贄からスタート。受けの母親の生贄の儀式の時に失敗しているので余計に真面目に気負う受け。攻めの元まで無事辿りついてすんなり結婚したり体を繋げたり、攻め ★★★☆☆。シリーズ4。玄武×元神官見習い。王道の生贄からスタート。受けの母親の生贄の儀式の時に失敗しているので余計に真面目に気負う受け。攻めの元まで無事辿りついてすんなり結婚したり体を繋げたり、攻めの気持ちが見えない状態でしたが最後になるほど、と思いました。始めから受けを知っていて受けだけを大切に想っていたのですね。感情がとぼしいせめなのでわかりにくいけど穏やかな愛情がありました。しかし眠りを止めた事に関しては、魔物が出てきた、って事でいいんですよね?せっかく四神揃ったので、揃いぶみで一冊読みたいです。 …続きを読む
    たべもも
    2016年08月09日
    33人がナイス!しています
  • 再読。うーむ、受のこがいろいろやらかしてしまうお約束展開がの苦手なので、だんだんパラ読みに(シリーズで一番テンプレ感すごい)。その後が読みたい。足りない。 再読。うーむ、受のこがいろいろやらかしてしまうお約束展開がの苦手なので、だんだんパラ読みに(シリーズで一番テンプレ感すごい)。その後が読みたい。足りない。
    うにすけ
    2018年04月12日
    14人がナイス!しています
  • シリーズものとは気づかず購入。四神の最後のお話だったんですね。受がまさに性別受って感じ。人間界と玄武神との間に立って苦悩するなり積極的に働きかけることもなくただ甘やかされ許されてる感じでちょっと好みと シリーズものとは気づかず購入。四神の最後のお話だったんですね。受がまさに性別受って感じ。人間界と玄武神との間に立って苦悩するなり積極的に働きかけることもなくただ甘やかされ許されてる感じでちょっと好みとは違った。 …続きを読む
    きょん
    2016年08月28日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品