いつか、キミが隣で目覚めたら 1

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月27日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
172
ISBN:
9784040683317

いつか、キミが隣で目覚めたら 1

  • 著者 葵季むつみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月27日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
172
ISBN:
9784040683317

時計の針は徐々にずれていく――それでも、刻みたい。

時計の針は徐々にずれていく――それでも、刻みたい。

“どうか、私を忘れないで――。”逢沢大地、16歳。星明めい、16歳。幼馴染みの二人は7年ぶりに再会するがアイドルになっていためいは、大地の知らない秘密を抱えていて――。

まどろみの中、“夢”と“孤独”が交錯する。
もがきながらも全力で生きる、少年少女の青春ストーリー。

メディアミックス情報

NEWS

「いつか、キミが隣で目覚めたら 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 半ば直感買いだが良い悪いよりも先に「不穏」が前に来る展開でなんかノリにくい 半ば直感買いだが良い悪いよりも先に「不穏」が前に来る展開でなんかノリにくい
    王蠱
    2017年05月23日
    1人がナイス!しています
  • 狙い澄ましたかのような切なさを匂わせる作品だけど、雰囲気は結構好き。駆け足で打ち切りにならなきゃいいけど、さて 狙い澄ましたかのような切なさを匂わせる作品だけど、雰囲気は結構好き。駆け足で打ち切りにならなきゃいいけど、さて
    イン何とか
    2016年07月18日
    0人がナイス!しています
  • 切なさのある青春もの。伏線が気になるから、駆け足で打ち切りのように終わるのは勘弁願いたい。あたりめの四人でわちゃわちゃするのがもっと見たいかな。 切なさのある青春もの。伏線が気になるから、駆け足で打ち切りのように終わるのは勘弁願いたい。あたりめの四人でわちゃわちゃするのがもっと見たいかな。
    のりあ
    2016年07月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品