うーちゃんの小箱

第20回[秋] スニーカー大賞 優秀賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784041040515

第20回[秋] スニーカー大賞 優秀賞

うーちゃんの小箱

  • 著者 和見俊樹
  • イラスト アルデヒド
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
308
ISBN:
9784041040515

第20回[秋]スニーカー大賞《優秀賞》受賞作!

かつては小説家を目指し、今は漫画家志望の氷見伊助(ひみ・いすけ)。「うーちゃんのほのぼの四コマ漫画」で特別賞を受賞するが、授賞式で大賞受賞作家の天奈優衣(あまな・ゆい)に喧嘩を売ってしまう。しかし後日、伊助は謎の美少女から優衣との共同生活を頼まれて、優衣のマンションで一緒に暮らすことに! 一方、伊助の通う高校では、一緒に小説家を目指していた少女・枝村霧姫(えだむら・きりひめ)が、伊助にもう一度小説家を目指してほしいと望んでいて――!? リアルな感情が揺れに揺れる、ひねくれ青春ストーリー!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「うーちゃんの小箱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「着替えを忘れちゃったんです。あーもう、こっちを向いたら三枚おろしにしますからね」第20回[秋]スニーカー大賞《優秀賞》受賞作。妄想豊かな新人漫画家と個性豊かな少女達が送る、ひねくれ青春ストーリー。終 「着替えを忘れちゃったんです。あーもう、こっちを向いたら三枚おろしにしますからね」第20回[秋]スニーカー大賞《優秀賞》受賞作。妄想豊かな新人漫画家と個性豊かな少女達が送る、ひねくれ青春ストーリー。終始一貫して内容があまり頭に入ってこなかったなと。あとがきでもありましたが\ラノベっぽくない\のでしょうね。物語を展開するうえの山場というものがあまり見当たらないのもどうかと思いますし。もしかしたら主人公の4コマ漫画に掛けているのもあるかもしれませんが。最後まで独特な雰囲気をもった作品でした。星2つ【⭐️⭐️】 …続きを読む
    θ(シータ)
    2016年11月01日
    72人がナイス!しています
  • 「うーちゃんのほのぼの四コマ漫画」で新人賞を取ったひねくれ根性の主人公・氷見を中心に描いた青春物語。悪くは無いんだけど、イマイチ引き込まれませんでした。ひねくれ根性を持った主人公の心情をうーちゃんを通 「うーちゃんのほのぼの四コマ漫画」で新人賞を取ったひねくれ根性の主人公・氷見を中心に描いた青春物語。悪くは無いんだけど、イマイチ引き込まれませんでした。ひねくれ根性を持った主人公の心情をうーちゃんを通して丁寧に描いていく手法は中々良かったと思う。ただ、全体を通して熱量に欠けるというか、キャラクター一人一人にそこまでの魅力を感じる事が出来なかったのは残念。主人公の感じは良かったけど、肝心の文章が下手くそなので何を伝えたいのか全く分からないのがキツいです。そこを改善したら良い作家になりそうだし、次回作に期待。 …続きを読む
    まりも
    2016年01月31日
    29人がナイス!しています
  • ん~?ハッキリ言って表紙買い...なんだけど、作者の意図する所が見えて来ない?「う~ちゃん」と云うキャラが脳内妄想の産物ってのは解るが、主人公(らしい?)伊助の言ってる事もちぐはぐで。「俺ガイル」の八 ん~?ハッキリ言って表紙買い...なんだけど、作者の意図する所が見えて来ない?「う~ちゃん」と云うキャラが脳内妄想の産物ってのは解るが、主人公(らしい?)伊助の言ってる事もちぐはぐで。「俺ガイル」の八幡みたいなモノローグを展開したと思ったら一転、う~ちゃんが登場し場を白けさせる?全体のバランスの悪さが露呈してしまっている。女性キャラも霧姫はある程度理解出来るが、天奈姉妹に至っては「???」の連続(^o^)玲央は置いといても、キャラ描写に無理があると。チョッと残念ですねぇ。読み友さんの感想も...ね? …続きを読む
    かんけー
    2016年03月22日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品