角川文庫

呼ぶ山 夢枕獏山岳小説集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041038055
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

呼ぶ山 夢枕獏山岳小説集

  • 著者 夢枕 獏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041038055

山岳小説の金字塔『神々の山嶺』のスピンオフを含む珠玉の山アンソロジー!

山を愛し、自らも山に登ってきた著者の小説群より、山の臨場感と霊気に満ちた作品を厳選し、表題作を併録。山で起こる幻想的な話、奇妙な話、恐ろしい話など山のあらゆる側面を切りとった、著者初の山岳小説集!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「呼ぶ山 夢枕獏山岳小説集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山岳小説集と銘打たれてはいるものの、単純に山に登る話ではなく山に潜む何か、いけない所に彷徨いこむような話が中心。山が本来異界であるという事を思い出させてくれるなあ。半数が初期作品であるため既読作品も多 山岳小説集と銘打たれてはいるものの、単純に山に登る話ではなく山に潜む何か、いけない所に彷徨いこむような話が中心。山が本来異界であるという事を思い出させてくれるなあ。半数が初期作品であるため既読作品も多かったが、山中の描写が上手い為何度読んでも引き込まれるし。しかし改めて著者の作品を読むと文章のリズムが非常に素晴らしいのに気づかされる。ダケカンバの落葉を一日中見ている文とか、読んだのは十何年前なのに未だに覚えているし。山中を歩く時の感覚や一度だけ訪れた事のあるカトマンズの喧騒が、蘇ってくるようであった。 …続きを読む
    HANA
    2016年09月12日
    67人がナイス!しています
  • 山に関する8編の短編集。恥ずかしながら夢枕さんが登山家とは知らず驚き。山ならではの不可思議な世界観が素敵です。自分は登山をしない人間ですが、こうして小説を通して山の雰囲気を感じるのがすごく好き。後半に 山に関する8編の短編集。恥ずかしながら夢枕さんが登山家とは知らず驚き。山ならではの不可思議な世界観が素敵です。自分は登山をしない人間ですが、こうして小説を通して山の雰囲気を感じるのがすごく好き。後半に収録されている3作は東南アジアの宗教観も見えてきて面白い。個人的には「ことろの首」が一番好きです。人間が起こす奇跡や霊的現象も面白いけれど、やっぱりこういう話には勝てないな~と個人的には思います。夢枕さんの作品はまだあまり読んだ事がないので、映画もあるし『神々の山嶺』是非読みたい。他短編集も気になるところ。 …続きを読む
    みくろ
    2016年03月09日
    53人がナイス!しています
  • 山岳小説(短編)集。書名でもある「呼ぶ山」は、「神々の山嶺」のスピンオフだと気が付く人も多いはず。雪崩に巻き込まれた長谷の最期の独白だけを綴ったものだ。全ての作品に貫かれているのは「山は魅力的な畏怖す 山岳小説(短編)集。書名でもある「呼ぶ山」は、「神々の山嶺」のスピンオフだと気が付く人も多いはず。雪崩に巻き込まれた長谷の最期の独白だけを綴ったものだ。全ての作品に貫かれているのは「山は魅力的な畏怖すべき場所」だということだ。登りたいから登る、自分の名を神に告げにいくような感覚、その文言は素直で美しい。違和感を覚えるが、登山はスポーツのカテゴリらしい。死亡率の最も高いスポーツ。私の中では、登山は哲学だ。登りながら自己に深く深く潜っていく。頂上と精神のコアに辿り着いたとき、「声」が呼ぶなら最高なのだけれど。 …続きを読む
    ビブリッサ
    2016年07月28日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品