エヴェレスト 神々の山嶺 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年10月24日
商品形態:
電子書籍

エヴェレスト 神々の山嶺

  • 著者 夢枕 獏
発売日:
2015年10月24日
商品形態:
電子書籍

山に賭ける男を描いた山岳小説の金字塔。待望の合本版!

世界初のエヴェレスト登頂目前で姿を消した登山家・ジョージ・マロリー。謎の鍵を握る古いカメラを手に入れた深町誠は、孤高の登山家・羽生丈二に出会う。山に賭ける男を描いた山岳小説の金字塔が、合本版で登場。

※本書は一九九七年八月、集英社から刊行されたのち、二〇〇〇年八月に集英社文庫として刊行されました。その後、二〇一四年六月に角川文庫として刊行された上下巻を合わせて合本版としました。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エヴェレスト 神々の山嶺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夢枕獏さんの本は初読み。マンガ『岳』を読んでエヴェレストにも公募隊で登れるということを知ったが、この小説を読むと、やはりエヴェレストは別物だった。実在の人物であるマロリーはエヴェレストに初登頂していた 夢枕獏さんの本は初読み。マンガ『岳』を読んでエヴェレストにも公募隊で登れるということを知ったが、この小説を読むと、やはりエヴェレストは別物だった。実在の人物であるマロリーはエヴェレストに初登頂していたのだろうかという謎と、そのマロリーのカメラを巡る人間の欲望の話を混ぜながら、羽生丈二という人間の限界に挑戦する天才クライマーと、その羽生を追いかける山岳カメラマンの主人公深町誠の話は、この本が1000ページを越えていることを忘れさせてくれる。やはり人間が限界に挑戦する山岳小説は面白い。映画も楽しみだ。 …続きを読む
    hiro
    2016年02月10日
    157人がナイス!しています
  • ★★★★再読『想え!想うんだ』作家の作品の中でも、断トツで好きな作品。羽生も深町も簡単に共感を許しはしない。厚い殻の下、地熱のように熱く、ただひたすらにそこに有るのは、とんでもなくシンプルな、それだけ ★★★★再読『想え!想うんだ』作家の作品の中でも、断トツで好きな作品。羽生も深町も簡単に共感を許しはしない。厚い殻の下、地熱のように熱く、ただひたすらにそこに有るのは、とんでもなくシンプルな、それだけに本気な思い何だと気がつく。【雑感】諦めないとか、根性論と簡単に乗ったらイケナイって常々思ってる。なのにこの作品には抗えない、圧倒的に惹かれる。「足がダメになったら手で、手がダメになったら指で、指がダメになったら歯を立てて進め。それでもダメになったら目で見ろ、心で想え、想うんだ!」 …続きを読む
    積読亭くま吉(●´(エ)`●)
    2016年03月14日
    120人がナイス!しています
  • やっと、やっと読了した。あとがき目当てでこちらを選んだのだが文庫でこの厚さは反則だ~!凄い作品でした。夢枕作品を完読したことは無い私が、しかもカタカナ多いのに(汗)リタイアせずに読み切ったのだ。しかし やっと、やっと読了した。あとがき目当てでこちらを選んだのだが文庫でこの厚さは反則だ~!凄い作品でした。夢枕作品を完読したことは無い私が、しかもカタカナ多いのに(汗)リタイアせずに読み切ったのだ。しかし、『きたー!』とはならない。映画化もされ、概ね評価の高い作品だが私とは相性が悪かったのかな。それは、「そこに山があるからではなく、ここにおれがいるからだ」と云う天上天下唯我独尊の羽生と、負けず劣らずの深町に共感できない普通のオバサンの私だからか。しかし、『山』の描写は凄く圧倒されたなぁ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2016年02月12日
    117人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品