試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784040706276
ニコカド祭り2020

ここは、冒険者の酒場

  • 著者 藤浪 智之
  • イラスト 中島 鯛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784040706276

駆け出し剣士がドラゴンと遭遇――この危機、君ならどう切り抜ける!?

戦士に神官、盗賊に魔法使い――あらゆる幻想世界の住人が集う場所。ここは、冒険者の酒場。今宵も彼らの出会った困難を謎かけにした問答で賑わっている。さあ君も耳を傾けてみよう。どんな冒険譚を聞けるだろうか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ここは、冒険者の酒場」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 困難にあった冒険者が自分の職種を活用しどう切り抜けたかをクイズにする冒険譚。古参アカヒゲがTRPG色を強く匂わせているのが「あー、うんうん」と頷ける部分があり楽しめるのですが、シルヴィアが…キャラのス 困難にあった冒険者が自分の職種を活用しどう切り抜けたかをクイズにする冒険譚。古参アカヒゲがTRPG色を強く匂わせているのが「あー、うんうん」と頷ける部分があり楽しめるのですが、シルヴィアが…キャラのスタンスってのもあるんでしょうが話の腰を頻繁に折るので全体的に読みにくい印象でした。 …続きを読む
    ルシュエス
    2016年05月05日
    6人がナイス!しています
  • まごうかたなき「ファンタジーRPGクイズ」。舞台が五竜亭じゃなくて登場人物名が違って挿絵がわきあかつぐみさんじゃないのに違和感を覚えるほど。出題も回答(が一つじゃないの)も相変わらず面白くてこのままシ まごうかたなき「ファンタジーRPGクイズ」。舞台が五竜亭じゃなくて登場人物名が違って挿絵がわきあかつぐみさんじゃないのに違和感を覚えるほど。出題も回答(が一つじゃないの)も相変わらず面白くてこのままシナリオにしたいネタが多数。web上連載だったそうだが、人気連載だったのも頷ける。 …続きを読む
    yraurb
    2016年04月16日
    4人がナイス!しています
  • 古強者アカヒゲのTRPG、あるある話。というより『クラッシックD&D』ネタが懐かしかった。「大抵の冒険者は、赤い箱と青い箱で終わる」とか「魔法の効果をめぐって、神と口先勝負」とか「昔の冒険では、金貨を 古強者アカヒゲのTRPG、あるある話。というより『クラッシックD&D』ネタが懐かしかった。「大抵の冒険者は、赤い箱と青い箱で終わる」とか「魔法の効果をめぐって、神と口先勝負」とか「昔の冒険では、金貨を手に入れたらそのぶん強くなるという慣例もあった」とか。 …続きを読む
    ぷるっちょ
    2016年08月03日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品