小説 野性時代 第140号

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年06月12日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
472
雑誌コード:
6233243
ISBN:
9784041030516

小説 野性時代 第140号

  • 編 角川書店編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年06月12日
判型:
A5判
商品形態:
ムック
ページ数:
472
雑誌コード:
6233243
ISBN:
9784041030516

  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「小説 野性時代 第140号」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • クライム・ノベルとは何?分かったような、分からないような…。「ハーメルン…」最終回。またまた、意外な真犯人。最近、ミステリの連載でこのパターン多いかも。天野純希の武田信虎の話、面白かった。「怖い絵 クライム・ノベルとは何?分かったような、分からないような…。「ハーメルン…」最終回。またまた、意外な真犯人。最近、ミステリの連載でこのパターン多いかも。天野純希の武田信虎の話、面白かった。「怖い絵」綺麗だからこそ怖い。モデルさん、まんまオフィーリア…。 …続きを読む
    てんつく
    2015年07月11日
    7人がナイス!しています
  • なんか「クライムノベル」云々はよくわりませんでした。そして、時代小説も今回はなんかパス。「味噌をつける」「ふたりの文化祭」と「家と庭」をじっくり読んだ。「ふたりの文化祭」は相変わらず九條くんの描写に思 なんか「クライムノベル」云々はよくわりませんでした。そして、時代小説も今回はなんかパス。「味噌をつける」「ふたりの文化祭」と「家と庭」をじっくり読んだ。「ふたりの文化祭」は相変わらず九條くんの描写に思い入れ出来ず。 …続きを読む
    たくみ
    2015年07月20日
    2人がナイス!しています
  • ここのところ、ほかに何かいい小説誌はないかな?と探索していたので野性時代は久しぶり。この雑誌は新創刊から1冊も欠かさず読んでいるけど、そろそろいいかな?と思いつつやっぱり読み続けているなあ。『味噌をつ ここのところ、ほかに何かいい小説誌はないかな?と探索していたので野性時代は久しぶり。この雑誌は新創刊から1冊も欠かさず読んでいるけど、そろそろいいかな?と思いつつやっぱり読み続けているなあ。『味噌をつける』の後編、期待したほどの結末ではなくて残念だったが、この作家さんの文体は気になる。フォローしないと。『ハーメルンの・・・』が最終回。犯人が意外すぎて、ちょっと肩すかし。「そうだったのか!」とカタルシスを感じるラストと、「そうかぁ。。。」と残念感が漂う結末と、何が違うのかな? …続きを読む
    Takako Sasano
    2015年08月02日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品