東京レイヴンズ(11) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年03月26日
商品形態:
電子書籍

東京レイヴンズ(11)

  • 著者 鈴見 敦
  • 原作 あざの 耕平
  • キャラクター原案 すみ兵
発売日:
2015年03月26日
商品形態:
電子書籍

謎の少女、多軌子との邂逅――。若き闇鴉たちの物語、激動の第11巻!

大友と道満の呪術戦で遥かな高みを見た春虎は、自身の力量にもどかしさのようなものを抱えていた。そんな折、彼の前に、陰陽道の秘密を次々と話す謎の少女が現れる。それは宿命とも言える邂逅――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「東京レイヴンズ(11)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻の波乱の展開から、少年少女らは成長しようとしているし、大人たちは暗闘を続けている。次の盛り上がりまでの前フリ的な意味合いが強い巻ではあるが、地道に面白い。 前巻の波乱の展開から、少年少女らは成長しようとしているし、大人たちは暗闘を続けている。次の盛り上がりまでの前フリ的な意味合いが強い巻ではあるが、地道に面白い。
    海猫
    2019年10月30日
    43人がナイス!しています
  • 闘いは終わったけれど、更なる闘いが始まりそう…。 闘いは終わったけれど、更なる闘いが始まりそう…。
    さとまみ(コミックス&BL小説専用)
    2019年12月25日
    24人がナイス!しています
  • 話が緩やかに進んでいく。話にメリハリがあっていい。春虎がDの一件から徐々に成長しようとしているのが、見てとれる。前巻が激しい呪術戦があっただけに、今回は新たな戦いにまた主人公達が巻き込まれそうな不穏な 話が緩やかに進んでいく。話にメリハリがあっていい。春虎がDの一件から徐々に成長しようとしているのが、見てとれる。前巻が激しい呪術戦があっただけに、今回は新たな戦いにまた主人公達が巻き込まれそうな不穏な動きがあり、多軌子登場とゆっくりと物語が進んでいて良い。春虎の成長が見られるので、いい感じ。アニメでは見られなかった詰め込み感がないので、安心して読める。次巻からの展開が非常に気になる11巻だった。次巻に期待。 …続きを読む
    レリナ
    2015年03月27日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品