人形佐七捕物帳傑作選

人形佐七捕物帳傑作選 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年12月25日
商品形態:
電子書籍

人形佐七捕物帳傑作選

  • 著者 横溝 正史
  • 編 縄田 一男
発売日:
2015年12月25日
商品形態:
電子書籍

イケメン岡っ引き・佐七が大活躍! 横溝正史の筆が冴え渡る捕物帳傑作選

神田・お玉が池に住む岡っ引きの人形佐七が江戸でおきたあらゆる事件を解き明かす! 横溝正史の傑作捕物帳全作品から厳選。冴えた謎解き、泣ける人情話……初めての読者にも読みやすい7編を集めました。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人形佐七捕物帳傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全百八十篇の中から七編セレクト。このシリーズに初めて触れる人のためか、最初の事件と最後の事件及び仲間たち初登場の話が収録されている。内容的には流石に横溝御大といった所で、最初の話は某有名ミステリを最後 全百八十篇の中から七編セレクト。このシリーズに初めて触れる人のためか、最初の事件と最後の事件及び仲間たち初登場の話が収録されている。内容的には流石に横溝御大といった所で、最初の話は某有名ミステリを最後の事件は著者の『悪魔の百唇譜』を連想させられる。他の捕物帳と比べて衆人環視内の殺人や雪達磨の中の死体等、やはりミステリ作家独特の内容も光る。流石に円熟期の現代ミステリのトリックや筋立てには及ばないものの、「季の文学」とミステリが融合しているのも流石。やはりこういうのに触れると全ての作品が読みたくなるなあ。 …続きを読む
    HANA
    2016年01月30日
    48人がナイス!しています
  • 要潤/矢田亜希子のドラマを観ながら読んだ。昭和13年から40年にかけての180篇に及ぶ連作だったなんて驚き。その中から主要登場人物の紹介を兼ねた7篇が選ばれていて、最初に読むには最適だった。金田一シリ 要潤/矢田亜希子のドラマを観ながら読んだ。昭和13年から40年にかけての180篇に及ぶ連作だったなんて驚き。その中から主要登場人物の紹介を兼ねた7篇が選ばれていて、最初に読むには最適だった。金田一シリーズなどと比べると一見あっさり・ほっこりしているが、殺しはかなり凄惨で、人間の黒い部分が抉り出される感じがする。登場人物の思考は現代的で、謎解きも本格的である。けれども、江戸弁のテンポのいい会話と、そこへ絡む手下・豆六の上方言葉に、他の時代物にはない軽味があって、読後感が重くない。引き続き読んでいきたい。 …続きを読む
    kuri8655
    2016年12月25日
    27人がナイス!しています
  • 五大捕物帳の一つ、「人形佐七」シリーズ短編集。人形佐七は春陽堂文庫全14巻も角川の横溝自薦集3冊も版切れで読むのが難しい状態のため、文庫新刊は有り難いことです。収録がレギュラーキャラの初登場話中心の7 五大捕物帳の一つ、「人形佐七」シリーズ短編集。人形佐七は春陽堂文庫全14巻も角川の横溝自薦集3冊も版切れで読むのが難しい状態のため、文庫新刊は有り難いことです。収録がレギュラーキャラの初登場話中心の7話セレクトのためドラマの基礎部分が堪能でき、またトリックと話のキレで選抜された自薦集24話とダブリが2つしかないのも自薦集持ちには嬉しいかも? 惜しむらくは最終話があまり良い話ではない(最終回では無く、風俗色の強い休筆期の作品)ので、興味をもたれた方は電子版の自薦集を、というか自薦集も再販しようよ、角川さん。 …続きを読む
    Kouro-hou
    2016年02月23日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品