召喚主は家出猫 (4)英雄と皇帝のファイナルゲーム

召喚主は家出猫 (4)英雄と皇帝のファイナルゲーム 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年10月01日
商品形態:
電子書籍

召喚主は家出猫 (4)英雄と皇帝のファイナルゲーム

  • 著者 鷹見 一幸
  • イラスト 唯
発売日:
2014年10月01日
商品形態:
電子書籍

いよいよクライマックス! 翔馬と瀬里奈が帝国皇帝に挑む!!

帝国に捕まった翔馬を取り戻すため、獅子奮迅の戦いを見せる瀬里奈。一方、ついに帝国皇帝と対峙した翔馬は、皇帝の考えに異を唱え、説得を試みるが――。現代知識で戦争に終止符を打てるか!? 堂々の完結巻!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「召喚主は家出猫 (4)英雄と皇帝のファイナルゲーム」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最終巻という事でいよいよ帝国との決戦へ。またもや捕まってしまった翔馬ですが帝国に寝返った演技をしてのスパイ活動をしたりと相変わらず高校生とは思えない有能具合。肝心の戦争は準備に時間をかけた割にはそこま 最終巻という事でいよいよ帝国との決戦へ。またもや捕まってしまった翔馬ですが帝国に寝返った演技をしてのスパイ活動をしたりと相変わらず高校生とは思えない有能具合。肝心の戦争は準備に時間をかけた割にはそこまで盛り上がるシーンもないまま終わったのは残念でした。なんというか始まってから終わるまでずっと平坦だったかな。もう少しページ数増やして後日談の話を増やしてくれると嬉しかったですね。 …続きを読む
    まりも
    2014年10月05日
    16人がナイス!しています
  • 最終巻。帝国軍に捕まってしまった翔馬は皇帝と相対する。亡命してきたと騙し知恵を貸しながらもその情報を王国に流すスパイ活動を繰り広げる翔馬だったが、皇帝の事を知るにつれ罪悪感にかられる事となる。最終的に 最終巻。帝国軍に捕まってしまった翔馬は皇帝と相対する。亡命してきたと騙し知恵を貸しながらもその情報を王国に流すスパイ活動を繰り広げる翔馬だったが、皇帝の事を知るにつれ罪悪感にかられる事となる。最終的には皇帝を捕らえて休戦に持ち込んだけどもこの巻は戦争の準備と戦争シーンだけでほとんど終わってしまってるな。戦争をさらっと終わらせて、あとがきに書いてあった後日談の内容が読みたかった。戦闘で人が死んだとは書いていなかったと思うが完全に死んでしまっているんだろうな、人が死なないまま終わって欲しかった。 …続きを読む
    アウル
    2014年10月03日
    15人がナイス!しています
  • ★★★★☆シリーズ完結巻。前巻で敵の手に落ちた翔馬だったが、今回は逆にその境遇を利用してスパイ活動をしつつ、決戦を迎えるという内容。前巻では陸上戦艦に対抗しうる兵器の開発に重きを置いていたのだが、尺の ★★★★☆シリーズ完結巻。前巻で敵の手に落ちた翔馬だったが、今回は逆にその境遇を利用してスパイ活動をしつつ、決戦を迎えるという内容。前巻では陸上戦艦に対抗しうる兵器の開発に重きを置いていたのだが、尺の関係からか、戦争シーンはやや駆け足で進んでしまったのが残念かな。戦争後の後日談も短かったので少々不満が残る出来だった。シリーズを通してみればキリがいい、綺麗な終わり方だったのがよい点かな。 …続きを読む
    わたー
    2014年10月09日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品