ムシウタ 15.夢謳う虫たち(下) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年05月01日
商品形態:
電子書籍

ムシウタ 15.夢謳う虫たち(下)

  • 著者 岩井 恭平
  • イラスト るろお
発売日:
2014年05月01日
商品形態:
電子書籍

夢謳う虫憑きたちの物語、ついに完結!!

虫憑きたちの最後の戦いが始まった。反撃の鍵となる利菜、ハルキヨ、アリスら一号指定が集結する中、“ふゆほたる”と“かっこう”は全ての決着をつけることができるのか!? それは、最高で最悪の“夢の結末”!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ムシウタ 15.夢謳う虫たち(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何度も絶望に潰され、己のふがいなさに膝を落とし、涙に顔を歪めて、銃を握る手は力を失って。耳障りな羽音と、無慈悲で暴力的に、幾つもの命が失われて。それでもなお、諦めきれなかった。謳い続ける事しかできなか 何度も絶望に潰され、己のふがいなさに膝を落とし、涙に顔を歪めて、銃を握る手は力を失って。耳障りな羽音と、無慈悲で暴力的に、幾つもの命が失われて。それでもなお、諦めきれなかった。謳い続ける事しかできなかった。一寸の虫にも、五分の魂。ならば残りの五分は、夢で、未来だ。繭の中で一度眠りに就いた夢。クリスマスソングに眠り姫が目覚めたら。その地平の先の約束へもう一度歩き出そう。最高でも、最悪でもない。最良でも、最善でも、多分ない。ありきたりで平凡で、そして誰もが見果てなかった夢の先にある。たった一つのハッピーエンド …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2014年07月20日
    44人がナイス!しています
  • ついに終わってしまったか。長い道のりでしたが非常に色濃い物語だったかなと。シリーズとしては終盤はやや駆け足であっさり気味ではありましたが、語られ足りないですが纏まるところに纏まったかなと。登場人物が多 ついに終わってしまったか。長い道のりでしたが非常に色濃い物語だったかなと。シリーズとしては終盤はやや駆け足であっさり気味ではありましたが、語られ足りないですが纏まるところに纏まったかなと。登場人物が多くもう少し見たいところはありましたが、物語の終着点としてはよかったかなと思います。物足りなさはあるけれど、不満よりもう少し見てみたいという感じですね。綺麗にエンディングとしては綺麗に纏まっていたのでよかったと思います。登場人物が個性的で棘があり、儚くて強い物語だったかなと。確かの夢の結末だったかなと。 …続きを読む
    シンヤ
    2014年06月08日
    19人がナイス!しています
  • 岩井恭平先生(@kyoiwai)の #ラノベ ついに終わってしまった。素晴らしかった! アリス派は不満だと思うけど、ふゆほたる派の僕には大満足の結果だった。ただ2人で手をつなぐ、そのための物語であった 岩井恭平先生(@kyoiwai)の #ラノベ ついに終わってしまった。素晴らしかった! アリス派は不満だと思うけど、ふゆほたる派の僕には大満足の結果だった。ただ2人で手をつなぐ、そのための物語であったかなあ、感無量。そして最後の2枚のイラストも最高であった。本当に最高で最悪の“夢の結末\だったなあ、いやあ、ラノベって最高だね! …続きを読む
    水無月冬弥
    2014年05月06日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品