ムシウタ 14.夢謳う虫たち(上)

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
372
ISBN:
9784041011966

関連作品有り

ムシウタ 14.夢謳う虫たち(上)

  • 著者 岩井 恭平
  • イラスト るろお
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
372
ISBN:
9784041011966

それは、最高で最悪の――ダブル・ジョーカー!!

超種一号指定“C”の殲滅に失敗した虫憑きたち。反撃に転じる“C”にますます追い詰められていく中、一号指定の利菜とハルキヨが動き出す。しかし、最終決戦に挑む彼らの前に最強の“かっこう”が立ち塞がり!?
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「ムシウタ 14.夢謳う虫たち(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ええっと、表紙はハルキヨと利菜と土師さんと亜梨子でいいのかな……?一巻刊行から長い年月がたっているのだなあと感慨深いです。とっても久しぶりの新刊でした。もう冒頭からどうやったってメリーバッドエンド臭し ええっと、表紙はハルキヨと利菜と土師さんと亜梨子でいいのかな……?一巻刊行から長い年月がたっているのだなあと感慨深いです。とっても久しぶりの新刊でした。もう冒頭からどうやったってメリーバッドエンド臭しか漂ってこないんですけどこれ?!本当に夢を謳う希望が最後に生まれるのでしょうか。謳うだけで実は叶わないの?本編もbugも主要キャラクター勢揃いで、本当に幕引きが近いんですね。詩歌、大介、千晴に亜梨子と言った今回あんまり見せ場のなかった人達が、どんな最高で最終のハッピーエンドを齎してくれるのか、期待して待ちます …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2014年04月13日
    29人がナイス!しています
  • ダブルジョーカーである利菜とハルキヨを中心に据え、全ての原点へと回帰し過去にあったなにもかもを清算していく一冊となった。こうして過去と現在が流星群の夜を挟んで繋がっていることを実感させられると、本当に ダブルジョーカーである利菜とハルキヨを中心に据え、全ての原点へと回帰し過去にあったなにもかもを清算していく一冊となった。こうして過去と現在が流星群の夜を挟んで繋がっていることを実感させられると、本当にこの作者はいったいいつからどこまでを想定して書いていたのかと。大筋ももちろんではあるが、ファンサービスだろう虫憑きの日常を垣間見れる細かいネタも豊富で満足。ここまで来ても槍使いの少女は誰よりも特別なお姫様扱いなことに手が震える。最後の「謝りたかった」相手、そして「お前」がどちらなのか?ただ最終巻を待ちたい。 …続きを読む
    椎名
    2014年01月30日
    9人がナイス!しています
  • 伏線力が高いですね。追い詰め方が容赦無くていいな、歪んでるというか尖っている展開の運びをしますね。伏線を回収しつつもまた広がる伏線、どう収拾つけるかって感じですかね。絶望感がいい味を出していますね、感 伏線力が高いですね。追い詰め方が容赦無くていいな、歪んでるというか尖っている展開の運びをしますね。伏線を回収しつつもまた広がる伏線、どう収拾つけるかって感じですかね。絶望感がいい味を出していますね、感想としてはこの作品をどういった結末にして夢を終わらせるかですね。最終巻が楽しみですね。クライマックスでの伏線の広げ方としてはかなりいいパフォーマンスです。線と線の繋げ方が上手いですね。作品としての構成力が映えるかなと。希望と絶望の匙加減がいい引き具合を演出しています。ともあれ最終巻を待つといったところですね。 …続きを読む
    シンヤ
    2014年02月16日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品