サイハテの救世主 PAPER II:黄金火山と幸福の少女

サイハテの救世主 PAPER II:黄金火山と幸福の少女 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年02月28日
商品形態:
電子書籍

サイハテの救世主 PAPER II:黄金火山と幸福の少女

  • 著者 岩井 恭平
  • イラスト Bou
発売日:
2013年02月28日
商品形態:
電子書籍

僕が世界を救うために、どれだけの犠牲が必要なのか?

とある理由で沖縄に暮らしている元天才の沙藤葉。彼が世話焼き美少女の濱門陸に頼まれた依頼は、引きこもりを外に出すこと!? そんな簡単なことをさせるなんて……と絶望していたら、かつて提唱した世界を破滅に導く災厄論文のひとつ『黄金火山』が、噴火の兆候を見せているという。噴火を止めるため海底基地“ゴールド・ピット”に連行される葉だが、そこにはかつて葉が弄んだ、噴火を予言する少女アンジェリンが住んでおり!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サイハテの救世主 PAPER II:黄金火山と幸福の少女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改造・・・改造人間かぁ!酷い事をしているのだとは思いつつも、少しだけ目がきらきらしました。辛くて悲しくて苦しくて、閉じこもっていたい気持ちは、よく判るのです。けれど、立ち止まっててると、大抵はより悪い 改造・・・改造人間かぁ!酷い事をしているのだとは思いつつも、少しだけ目がきらきらしました。辛くて悲しくて苦しくて、閉じこもっていたい気持ちは、よく判るのです。けれど、立ち止まっててると、大抵はより悪い方向に転げ落ちていくのですよねぇ・・・(Тωヽ)それにしても、よくよくあっちこっちを行き来したお話でした。 …続きを読む
    シュエパイ
    2013年02月04日
    13人がナイス!しています
  • 「別の方法なんてあり得ないけれど……そうしたいと、思ったんだ……」。葉のこの辺の葛藤は嫌いじゃないです。ただ、今回、葉が解決のためにとった手法には、引っ掛かりを覚える。巻き込むにもほどがあるというか。 「別の方法なんてあり得ないけれど……そうしたいと、思ったんだ……」。葉のこの辺の葛藤は嫌いじゃないです。ただ、今回、葉が解決のためにとった手法には、引っ掛かりを覚える。巻き込むにもほどがあるというか。あと、相変わらず、沖縄の日常編との温度差が酷くて違和感。沖縄が必要なのか時々悩む。天才性を喪失した天才がそれでもしがみつくもの、が必要なのは分かるけれども。なんだかなぁ。しかし、これが単純に天才性を自覚した天才の話になると「消閑の挑戦者」になってしまうのか。難しいところですね。面白いですけどね。 …続きを読む
    ちゃか
    2013年01月31日
    11人がナイス!しています
  • 孤独とは?。壊れた上で、軸がぶれてなくて楽しめた。非常に自己中心的な物語。前巻もですが、登場人物が自己中心的でパーソナルスペースを平然と侵害する様が、個人的に好ましくない。が、そこが要点で物語は楽しめ 孤独とは?。壊れた上で、軸がぶれてなくて楽しめた。非常に自己中心的な物語。前巻もですが、登場人物が自己中心的でパーソナルスペースを平然と侵害する様が、個人的に好ましくない。が、そこが要点で物語は楽しめました。展開としては、我儘で都合がよく「おいおい」って感じでしたが、なかなか重たく歪んでいて楽しめました。「ガラクタ」な葉の「天才」を装う様がよく描かれていて面白かった。コメディ部分、掛け合いは面白いですが、やはり読了後の切なさというか喪失感が凄い。負の連鎖と救い、ギャップ、業が深い。皮肉の効いた壊れた物語。 …続きを読む
    シンヤ
    2013年02月10日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品