六蓮国物語 翠竜と赤の天女(下)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041008164

六蓮国物語 翠竜と赤の天女(下)

  • 著者 清家 未森
  • イラスト Izumi
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041008164

大人気、中華ファンタジー堂々完結!!

凶悪な龍神の力を発揮させた崇怜を追い詰める結蓮と季隆。しかし崇怜に術をかけられ、結蓮は竜宮へ強制的に帰されてしまう!! 季隆は結蓮を追いかけ、竜宮に向かうが!? 中華ファンタジー感動の最終巻!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「六蓮国物語 翠竜と赤の天女(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 黒龍との大決戦!凶悪な龍神の力を発揮させた崇怜を追い詰める結蓮と季隆。しかし崇怜に術をかけられ、結蓮は竜宮へ強制的に帰されてしまう。最後はハッピーエンドで終わって良かったです。結蓮パパの龍王の前でも二 黒龍との大決戦!凶悪な龍神の力を発揮させた崇怜を追い詰める結蓮と季隆。しかし崇怜に術をかけられ、結蓮は竜宮へ強制的に帰されてしまう。最後はハッピーエンドで終わって良かったです。結蓮パパの龍王の前でも二人はイチャイチャぶりを見せつける(笑)季隆の口の上手さに乗せられた結蓮パパは馬鹿だな。季隆は人間じゃないから意味ないんだよね。結蓮パパの龍王の挿絵はとても美しかったです。 …続きを読む
    皐月
    2020年01月22日
    60人がナイス!しています
  • シリーズ完結巻。あー読み終わってしまったーーー。どうなることかと最後までドキドキでした。結蓮は最後まで結蓮だったし、季隆も最後まで季隆でした!季隆の、決めるところはきちんと決めて押すところはきちんと押 シリーズ完結巻。あー読み終わってしまったーーー。どうなることかと最後までドキドキでした。結蓮は最後まで結蓮だったし、季隆も最後まで季隆でした!季隆の、決めるところはきちんと決めて押すところはきちんと押す…って、理想の男性像だな、とちょっと思いました。笑 龍王も、登場は少しだったけれどとても美しかったし存在感抜群でした。欲を言えば、せっかくここへ来てこうなれたのだから、後日談でも良いからもう少しイチャラブしているところを見たかった…!笑 #ニコカド2020 …続きを読む
    あっか
    2020年11月04日
    53人がナイス!しています
  • 初読。2014年476冊め。最後の戦いの中でも主人公のアイデンティティーとかにもオチがつくかと思っていたら、戦いの後に続くの?と。ちょっと間延びした印象。 初読。2014年476冊め。最後の戦いの中でも主人公のアイデンティティーとかにもオチがつくかと思っていたら、戦いの後に続くの?と。ちょっと間延びした印象。
    扉のこちら側
    2014年07月03日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品