里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年09月25日
商品形態:
電子書籍

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く

  • 著者 藻谷 浩介
  • 著者 NHK広島取材班
発売日:
2013年09月25日
商品形態:
電子書籍

ベストセラー『デフレの正体』著者とNHK取材班が日本の解決策を示す!!

「社会が高齢化するから日本は衰える」は誤っている! 原価0円からの経済再生、コミュニティ復活を果たし、安全保障と地域経済の自立をもたらす究極のバックアップシステムを、日本経済の新しい原理として示す!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2014年新書大賞受賞。 アメリカを中心とした 「マネー資本主義」とは 対極をなす 「里山資本主義」の 本である。 読んでいるとなぜか元気に なれるのが素直に嬉しい。 「豊かさ」とは何なのか?と いう 2014年新書大賞受賞。 アメリカを中心とした 「マネー資本主義」とは 対極をなす 「里山資本主義」の 本である。 読んでいるとなぜか元気に なれるのが素直に嬉しい。 「豊かさ」とは何なのか?と いう普遍的なテーマを あらためて考える機会を 与えてくれる…人類は懐かしい未来へと向かう ことができるのか…現代に生きる人々が誰しも 抱える「持ち得たものを喪う不安」とは裏腹に、 日本の中国地方で敢然と化石燃料と訣別し、 バイオマス発電などで地域再生を図る取り組みには 脱帽であり、微かな希望のようなものを感じる。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2015年06月17日
    413人がナイス!しています
  • 「お金がすべてではない」。貧乏人の負け惜しみに聞こえるこの言葉が少子高齢化の進展につれ大きな意味を持つ。我々はマネー資本主義に過剰適応した。我々の生活にはお金という尺度で測定可能なもので満ちあふれてい 「お金がすべてではない」。貧乏人の負け惜しみに聞こえるこの言葉が少子高齢化の進展につれ大きな意味を持つ。我々はマネー資本主義に過剰適応した。我々の生活にはお金という尺度で測定可能なもので満ちあふれている。仮にこのシステムが機能しなくなれば大打撃を受ける。里山資本主義とは金銭換算できない価値を生み出し、地域内で循環させること。抽象過ぎるかもしれないが、ほんの150年前まではわが国の貧富は「石」という米の取れ高で表現され、50年前は近隣との味噌や醤油の貸し借りは普通だったことを思えば、奇異なことではない。 …続きを読む
    Miyoshi Hirotaka
    2015年06月28日
    255人がナイス!しています
  • 私は都市の暮らししか知らないが地方ではそこまで進んでるんだなと感じた。いつかは地方暮らしもしたくなった。 私は都市の暮らししか知らないが地方ではそこまで進んでるんだなと感じた。いつかは地方暮らしもしたくなった。
    mitei
    2013年11月26日
    239人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

藻谷 浩介(もたに こうすけ)

1964年、山口県生まれ。株式会社日本総合研究所 調査部 主席研究員。株式会社日本政策投資銀行 特任顧問。88年東京大学法学部卒、同年日本開発銀行(現、日本政策投資銀行)入行。米国コロンビア大学ビジネススクール留学、日本経済研究所出向などを経ながら、2000年頃より地域振興の各分野で精力的に研究・著作・講演を行う。平成合併前の約3200市町村の99.9%、海外59ヶ国を概ね私費で訪問した経験を持つ。その現場での実見に、人口などの各種統計数字、郷土史を照合して、地域特性を多面的かつ詳細に把握している。2009年度にはシンガポール出向の機会を得、地域・日本・世界の将来を複眼的に考察した。2010年度より地域企画部 地域振興グループ 参事役。12年度より現職。政府関係の公職多数。著書『デフレの正体』(角川oneテーマ21)は50万部のベストセラーとなる。

最近チェックした商品