第17回 日本ホラー小説大賞

角川ホラー文庫

お初の繭

読む者をむせび泣かす、とてつもなく怖いお伽噺。日本ホラー小説大賞受賞作

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041004890
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

第17回 日本ホラー小説大賞

角川ホラー文庫

お初の繭

読む者をむせび泣かす、とてつもなく怖いお伽噺。日本ホラー小説大賞受賞作

  • 著者 一路 晃司
  • カバーイラスト 刻夜 セイゴ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041004890

読む者をむせび泣かす、とてつもなく怖いお伽噺。日本ホラー小説大賞受賞作

12歳で製糸工場に働きに出ることになった少女・お初。年頃の少女たちの集団生活は、予想に反し快適であったが、次第にのがれられない惨劇へと変貌する……第17回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受賞作。

トピックス

読者モニターレビュー

ホラーと言うには異色。しかしホラー以外の何物でもない。そんな恐ろしさが体験できる物語。否、恐ろしさよりもおぞましさと言った方がしっくりくるかもしれません。最後の一文を読み終え、本を閉じ…。そこで目に入った「お初の繭」という題名に「ああ!なるほど!」と思わず感嘆の声を上げてしまいました。(りこさん)

全体的な世界観がとてもよかったです。読み初めは童話のような雰囲気で始まりますが、読み終えた後の余韻は間違いなくホラーです。主人公のお初が直面する辛い現実は痛々しく、お初の倍以上の年齢の私は、お初の感じない恐怖まで感じなければならず、どんどん読み進めてしまいます。(びびぃさん)

「身の毛もよだつ」という言葉がぴったりの作品であった。最初は、貧しい家に生まれた「お初」が身売り同然で奉公に出され、その先で様々な困難に出会うといった、「ああ野麦峠」を思わせる内容だったが、中盤からは異質な出来事が徐々に明らかになり、ラストは恐怖と哀れさにやられてしまった。(真智子さん)

最近チェックした商品