ふわふわさんがふる 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年07月24日
商品形態:
電子書籍

ふわふわさんがふる

  • 著者 入間 人間
  • イラスト loundraw
発売日:
2014年07月24日
商品形態:
電子書籍

『電波女』の入間人間が描く、白く儚いセンチメンタル・ストーリー。

この星にはふわふわさんという存在がある。生き物かどうかは今のところ分からない。でも、人の形をしてこの地に立つ。すべてのふわふわさんは、失われた者の姿を真似して、存在する。僕としては、いわゆる『よみがえり』なんてものは信じていないけれど……。 目の前で、綿毛が渦を巻き、幼い少女が現れた。 『ふわふわさん773』。 僕は思考のノイズに延々、苛まれ続ける。あれは見間違えるはずもなく。十年前に僕の世界から失われた、ねえさんだった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ふわふわさんがふる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 入間さん、やっぱりいいな。地の文が無駄なく綺麗だから。オチが好きというより、オチの明かし方がストンときた。少年が語る最後の二行は秀逸だね。私の中ではだけれど。心地の良い世界観で、でもやっぱりちょっぴり 入間さん、やっぱりいいな。地の文が無駄なく綺麗だから。オチが好きというより、オチの明かし方がストンときた。少年が語る最後の二行は秀逸だね。私の中ではだけれど。心地の良い世界観で、でもやっぱりちょっぴりスパイシーだから飽きないな。思い返すと高評価だった。今回選んだ一行は…「ふわふわさん773はお前をヒフミ、と呼ぶ」。読んだ人ならこれを選んだ理由、なんとなく分かってくれるかなぁと思ったり思わなかったり。相変わらずふわふわした感想になってしまったけど、いいか。今回はふわふわさんだし。ふわふわだし。 …続きを読む
    しずく
    2014年05月21日
    32人がナイス!しています
  • 著者はラブコメと言ってるけど、これはSF…かなぁ。最初はとっつきにくかったけど、世界設定を理解してからは楽しんで読めた。ふわふわさん773のセリフが渕上舞さんの声で再生された、773可愛い。もっと色ん 著者はラブコメと言ってるけど、これはSF…かなぁ。最初はとっつきにくかったけど、世界設定を理解してからは楽しんで読めた。ふわふわさん773のセリフが渕上舞さんの声で再生された、773可愛い。もっと色んなふわふわさんの話を読んでみたい気もするけど、だらだらやらないでここで終わるからいいのかもなぁ。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2014年05月13日
    26人がナイス!しています
  • 夕方の空から降ってくる綿毛が死者の姿になる“ふわふわさん”の存在する世界。車椅子の僕のもとにも10年前に死んだ姉の姿の「ふわふわさん773」が舞い降りる。亡くなった当時の姿で現れ、姉の姿ながらも別人の 夕方の空から降ってくる綿毛が死者の姿になる“ふわふわさん”の存在する世界。車椅子の僕のもとにも10年前に死んだ姉の姿の「ふわふわさん773」が舞い降りる。亡くなった当時の姿で現れ、姉の姿ながらも別人の筈が時折姉のような行動をするふわふわさんとの共同生活に戸惑う僕だが…。終始スローペースでアップテンポもそれほど見られない作品だが独特のキャラとの世界観は入間ワールドそのものだった。突然舞い降りた星を継ぐものとされるふわふわさんが姉の姿で現れる。姉と同じ姿ながら姉ではない,むしろ同じ種族ではないふわふわさんに→ …続きを読む
    Yobata
    2014年04月10日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品