ご主人様は山猫姫13 大団円終劇編

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784048662246

ご主人様は山猫姫13 大団円終劇編

  • 著者 鷹見 一幸
  • イラスト 春日 歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年04月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784048662246

ミーネかシャールか、初夜を共にするのはどっち!? ついにシリーズ完結!

しびれを切らしたミーネたちが晴凛を帝都から奪還し、婚礼を挙げようとする!? 『山猫姫』はまだまだ終わらない。あの人たちの気になるその後を描いた最終譚!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ご主人様は山猫姫13 大団円終劇編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 遂に完結。完結編という割には結構あっさりとしていましたが面白かったです。ミーネ、シャールは無事晴凛と結婚できたみたいで良かったですね。まぁ伏龍さんの登場シーン少なすぎねぇかとは思いましたが各キャラが成 遂に完結。完結編という割には結構あっさりとしていましたが面白かったです。ミーネ、シャールは無事晴凛と結婚できたみたいで良かったですね。まぁ伏龍さんの登場シーン少なすぎねぇかとは思いましたが各キャラが成長した姿を見れて満足です。晴凛は初夜から3Pとか飛ばしすぎですよ。あとサーギと野良猫姫の短編はも少し欲しかったですね。まぁなんにせよ無事完結お疲れ様でした。次回作も楽しみにしてます。 …続きを読む
    まりも
    2014年04月12日
    17人がナイス!しています
  • 落ちるべきところに落ちたかなと言う、あ、表紙通りでした(ネタバレ感) あっさりとした感じの後日談と言ったところでしょうか、特に予想外なところもなく安定な作りだったかなと。もう少しがっつりと書いてほしい 落ちるべきところに落ちたかなと言う、あ、表紙通りでした(ネタバレ感) あっさりとした感じの後日談と言ったところでしょうか、特に予想外なところもなく安定な作りだったかなと。もう少しがっつりと書いてほしいところもありましたが、書いてある部分に関しては概ね満足かなと、すっきりしていていいかな。誤字脱字は……いいです。沢樹は別人でしたがこれはこれでありかなと。まさにライトノベルらしい、 大団円な後日談ってところですかね。今巻の物足りなさを感じるのは、これまでにしっかり登場人物の成長が積み重なっていたと思います。 …続きを読む
    シンヤ
    2014年04月20日
    15人がナイス!しています
  • シリーズ最終巻に相応しい出来だった。晴凛の結婚式と、沢樹のその後の話。ミーネとシャールのどちらを選ぶのか、ひいては帝国とシムールのどちらを選ぶのかについてきれいに決着がついた。晴凛に甲斐性ができたとい シリーズ最終巻に相応しい出来だった。晴凛の結婚式と、沢樹のその後の話。ミーネとシャールのどちらを選ぶのか、ひいては帝国とシムールのどちらを選ぶのかについてきれいに決着がついた。晴凛に甲斐性ができたというのか、器の大きさが外見に表れるようになったというのか。ムルトと沢樹の関係は予想外だった。空っぽの自分の心を埋めるものができて、沢樹にとっては良い結果になったのではと思う。信じるものは自分だけ、で進むより、一人でもその人のためになりたいと思える人がいるのはいいことだと思う。 …続きを読む
    柏葉
    2014年04月26日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品