クロクロクロック2/6 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年07月17日
商品形態:
電子書籍

クロクロクロック2/6

  • 著者 入間 人間
  • イラスト 深崎 暮人
発売日:
2014年07月17日
商品形態:
電子書籍

持ち込まれた6丁の拳銃。 その凶器は、手にした人間と、その周りの運命を大きく変えていき……。

高校生・首藤祐貴は、発砲事件を起こし逃走、謎の殺し屋・木曽川と出会う。 小学生・時本美鈴は、銃撃相手を探すうち、不思議な歌手・二条オワリと出会う。 陶芸家・緑川円子は、金髪青スーツの弟子と個展を開く準備をする。 殺し屋・黒田雪路は、その殺害ターゲット・緑川円子と至近で相まみえる。 駄目大学生・岩谷カナは、ふと拳銃を捨てようと考える。 そして、探偵・花咲太郎は、相変わらず閃かない。 6丁の拳銃を巡って、6人の運命は回る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「クロクロクロック2/6」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 名古屋を舞台に6丁の拳銃とそれに関わる6人の物語。前作の続きでコチラ物語の2日目です(*^^*)1巻の時と違って登場人物が頭に入っていたので素直に楽しめました(*^-^*)ヤバイ!3巻は借りてない…し 名古屋を舞台に6丁の拳銃とそれに関わる6人の物語。前作の続きでコチラ物語の2日目です(*^^*)1巻の時と違って登場人物が頭に入っていたので素直に楽しめました(*^-^*)ヤバイ!3巻は借りてない…しばらく保留です(笑)感想は3巻を読み終わってからかきますね …続きを読む
    寂しがり屋の狼さん
    2020年09月22日
    35人がナイス!しています
  • シリーズ2日目。名古屋を舞台に拳銃を手にした人々を描く群像劇。語り手を頻繁に変える構成は変わらず、テンポ良い文章が続く。本巻の見どころは黒田の事務所での木曽川と雅が対峙する場面と、その後の祐貴の惨状。 シリーズ2日目。名古屋を舞台に拳銃を手にした人々を描く群像劇。語り手を頻繁に変える構成は変わらず、テンポ良い文章が続く。本巻の見どころは黒田の事務所での木曽川と雅が対峙する場面と、その後の祐貴の惨状。分不相応に銃を手にし発砲したばかりに転落していく様子の描写はスゴい。黒田はどうにも仕事が巧くいかないうえに事務所は大きく変貌したりで笑みが溢れるしと、緩急の組合せが巧みだと思う。癒やしキャラのカナも巻き込まれたりと、纏めきれるか不安に感じるほどの風呂敷広げまくり。いよいよ次巻が最終巻。早く読まねば。 …続きを読む
    ponpon
    2021年01月13日
    33人がナイス!しています
  • 町中にばらまかれた6丁の拳銃と男女6人の物語が奇妙に交差していく。入間人間がおくる一大群像劇……待ちに待ったどころか待ちくたびれた第2巻。 とりあえずシリーズが自然消滅しなくてよかったんですが、正直な 町中にばらまかれた6丁の拳銃と男女6人の物語が奇妙に交差していく。入間人間がおくる一大群像劇……待ちに待ったどころか待ちくたびれた第2巻。 とりあえずシリーズが自然消滅しなくてよかったんですが、正直なところ1巻の細かい内容や伏線を忘れてしまっている部分も多く、これから読むという人は事前に1巻の復習をしておくことをオススメしますw 3巻はいつ頃に出るのかな……また1年待ちになったりして(遠い目) …続きを読む
    (●▲●)とらうまん(*^◯^*)
    2014年01月06日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品