Fランクの暴君I ―堕ちた天才の凱旋―

Fランクの暴君I ―堕ちた天才の凱旋― 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年12月25日
商品形態:
電子書籍

Fランクの暴君I ―堕ちた天才の凱旋―

  • 著者 御影 瑛路
  • イラスト 南方 純
発売日:
2014年12月25日
商品形態:
電子書籍

『空ろの箱と零のマリア』の御影瑛路が描く、堕ちた天才による裏切り下克上ストーリー。

在籍する生徒の成績は超優秀、あらゆる部活は全国制覇を成し遂げる。夜空に輝く星のような私立七星学園。しかしその実体は、厳格なランク制度と、生徒の容姿までステータス化されるシステムで生徒たちを管理する、別名『弱肉強食学園』。 そこは絶対的な強者が支配していた。派閥【アーバンライオン】を率いる、【傲慢】の神楽坂エリカ。彼女を打倒し、『頂点』に立ち、『暴君』として君臨する──。危険な野望を抱いた“堕ちた天才”が、Fランクの教室には居た……。知能と知能がぶつかり合う下克上ストーリー、開幕!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Fランクの暴君I ―堕ちた天才の凱旋―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった。閉鎖された学園の設定はいかにもジャンキーだが、それでも終盤のどんでん返しの連打は楽しめた。ラスボスと目される【傲慢】神楽坂エリカのキャラクターが充分に立っていることもあり、ライトノベルとい 面白かった。閉鎖された学園の設定はいかにもジャンキーだが、それでも終盤のどんでん返しの連打は楽しめた。ラスボスと目される【傲慢】神楽坂エリカのキャラクターが充分に立っていることもあり、ライトノベルという性質上、長期シリーズ化するのかと予想していたがこの巻で一気に神楽坂エリカの地位を引き摺り下ろし、勝利を収めたという点でもテンポがいい。同時に、更なる敵として本当のエフ、さらにカンナをFランクに貶めたユキトも登場してしっかり引きも作っている。今回切りの出番ではもったいない神楽坂エリカの復権・逆襲も期待したい。 …続きを読む
    流言
    2015年02月27日
    53人がナイス!しています
  • 弱肉強食で有名な「私立七星学園」で、主人公・カンナが己の野望を叶える為に派閥“アーバンライオン”を率いる、“傲慢”の神楽坂エリカを潰し学園の頂点を目指す話。中々良かったと思う。説明の多さや、肝心要の頭 弱肉強食で有名な「私立七星学園」で、主人公・カンナが己の野望を叶える為に派閥“アーバンライオン”を率いる、“傲慢”の神楽坂エリカを潰し学園の頂点を目指す話。中々良かったと思う。説明の多さや、肝心要の頭脳戦が微妙だったりといった点はあるけど、主人公が清々しい程に外道としての姿勢を貫いていく姿は個人的に好きですね。物語のテンポも良く、特に後半からの展開は作者らしさが出ていて面白かったです。伏線もしっかりと張ってくれているので今後の展開にも期待が持てますね。次巻も楽しみです。 …続きを読む
    まりも
    2015年09月18日
    37人がナイス!しています
  • 厳格なランク制度のもとに運営される『弱肉強食学園』。藤白カンナは入学時のミスから「堕ちた天才」としてFランクに属することとなったものの『頂点に立つ』という野望を成就させるため、まずは学園の絶対強者神楽 厳格なランク制度のもとに運営される『弱肉強食学園』。藤白カンナは入学時のミスから「堕ちた天才」としてFランクに属することとなったものの『頂点に立つ』という野望を成就させるため、まずは学園の絶対強者神楽坂エリカを打倒さんと画策する。知能と知能のぶつかり合いをゲームとして仕上げる作風は従来通り。しかし最後のゲームまでの運びが「運任せ」となっていることが否定できず、やや冗長。七つの大罪に纏わる学園の君主名、二つ名とライトノベル的要素は満載。今後キャラクター同士がどのように絡んでいくか…次巻以降に期待。 …続きを読む
    くろり - しろくろりちよ
    2013年06月21日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品