試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048913003

煉獄姫 六幕

  • 著者 藤原 祐
  • イラスト kaya8
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048913003

絶望のその先にあるものを手繰れ――。薄闇の幻想物語、壮烈なる最終幕。

完全なる存在となった煉術師ユヴィオールは玉座に嗤い、幽閉された王女アルトは恐怖に耐えながら助けを待つ。そして、すべてを喪ったフォグは――。シリーズ完結編。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「煉獄姫 六幕」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最終巻。フォグはアルトを救い、ユヴィオールの野望を打ち砕く事は出来るのか…な話。あの絶望的な状況をどうひっくり返すのかと思ったら、案外あっさりと終わってちょっとびっくり。個人的に一番好きなのはフォグた 最終巻。フォグはアルトを救い、ユヴィオールの野望を打ち砕く事は出来るのか…な話。あの絶望的な状況をどうひっくり返すのかと思ったら、案外あっさりと終わってちょっとびっくり。個人的に一番好きなのはフォグたちがローレンの真意を知るシーンでしょうか。あそこのキリエが本当に可愛らしくて素晴らしかったです。大団円ではないけど、希望溢れるラストだったしアルトが明るくなった姿を見れただけでも十分満足。あのキリエがどうなったのかは気になりますが、きっと大丈夫ですよね。イラスト含め本当に素晴らしい作品でした。 …続きを読む
    まりも
    2015年06月14日
    47人がナイス!しています
  • 人造人間の騎士と煉獄の姫君の物語、遂に完結。終わってしまうのは寂しいが、だらだらしない安定したストーリーに大いに満足。最後だけあって見せ場も多く、時間を忘れて読みふけってしまった。その中で特にお気に入 人造人間の騎士と煉獄の姫君の物語、遂に完結。終わってしまうのは寂しいが、だらだらしない安定したストーリーに大いに満足。最後だけあって見せ場も多く、時間を忘れて読みふけってしまった。その中で特にお気に入りなのがローレンとの邂逅シーン。まさかこんな形で登場するとは…。そして印象的だったのがキリエのこのセリフ。「ねぇ。信じられる?それでも私たちは、愛されてた。私は、愛されて生まれてきたんですって」あぁ、やっと笑えたんだなぁ、と。彼女が報われて良かった。救いがあって本当に良かった。藤原先生、今回も最高でした! …続きを読む
    コリ
    2013年01月12日
    27人がナイス!しています
  • 安定した巧いストーリー構成で面白かった。いい終わり方でした。若干急ぎ足感がありましたがポイントは押さえられていたのでいい意味でコンパクトな最終回で非常に楽しめました。これぞ黒藤原と言った感じの純粋に真 安定した巧いストーリー構成で面白かった。いい終わり方でした。若干急ぎ足感がありましたがポイントは押さえられていたのでいい意味でコンパクトな最終回で非常に楽しめました。これぞ黒藤原と言った感じの純粋に真っ直ぐ歪んだ登場人物たちが良かった、歪んでいるけど嫌じゃない。設定で気になるところはありましたが、物語としては満足、面白かったです。完全なハッピーエンドじゃないけど、不思議と読了感はいいんですよね。キリエ本当に大好き過ぎるわ、彼女の台詞がなんかこうずっしり来ますね。終章の平穏さがまたこう物語を際立たせますね。 …続きを読む
    シンヤ
    2013年01月14日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品