天命つきるその日まで アンパンマン生みの親の老い案内

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年10月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784048868631

天命つきるその日まで アンパンマン生みの親の老い案内

  • 著者 やなせたかし 
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年10月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784048868631

アンパンマン生みの親 やなせたかしの老い案内

日本まんが界最長老にして『アンパンマン』の作者やなせたかし氏による、老境の道案内。「老い」とは如何なるものか、「死と向き合う」とは如何なることか、御年93歳のやなせ氏の老境の日々とは……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天命つきるその日まで アンパンマン生みの親の老い案内」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ご自身の病気や、大切な人との別れといった辛さ・悲しさを抱え、 老いということ、死ということなどについて考えながらも、 人に喜んでもらう、世の中の役に立つ為に一生懸命に自分らしく、楽しく生きている。 や ご自身の病気や、大切な人との別れといった辛さ・悲しさを抱え、 老いということ、死ということなどについて考えながらも、 人に喜んでもらう、世の中の役に立つ為に一生懸命に自分らしく、楽しく生きている。 やなせさんの覚悟と優しさと強さ、そしてユーモア溢れる人柄が、 アンパンマンのように多くの人々の心に勇気や希望を与えながらも救っている。 そんな、やなせさんに励まされながらも、自分らしさや人への思いやりだけは 忘れたくないなぁ~としみじみ思ってしまいました。 そんな楽しさと温かさが溢れる1冊で良かったです。 …続きを読む
    ともとも
    2015年07月30日
    33人がナイス!しています
  • 迫り来る死の影を、老いから押し寄せる衰えをこれほど濃厚に刻印しながら、読んでいて暗さを感じさせる部分が全くない。まだ生きていたい、という鮮烈な意志が息づきながら、しかしやがて必ず来る死を拒まず、どんと 迫り来る死の影を、老いから押し寄せる衰えをこれほど濃厚に刻印しながら、読んでいて暗さを感じさせる部分が全くない。まだ生きていたい、という鮮烈な意志が息づきながら、しかしやがて必ず来る死を拒まず、どんと来いという風情だ。やなせ先生が死んだときは信じられぬ思いがしたが、本書を読み、その数々の大病歴を聞かされてもなお、やはり信じがたい思いに駆られる。何せ、この本のページを開けば彼の言葉があまりにありありとこちらに迫ってくる。亡くなった妻、特攻兵器回天の訓練を受けていた弟への言葉が胸に来る …続きを読む
    白義
    2013年10月24日
    21人がナイス!しています
  • アンパンマンの作者やなせたかし氏が93歳の時に書いたエッセイ集。老いと死がテーマだが、しっかりした明るい口調の文章でとても93歳とは思えない。周りの友人が次々いなくなって、自分もそれほど長くは生きられ アンパンマンの作者やなせたかし氏が93歳の時に書いたエッセイ集。老いと死がテーマだが、しっかりした明るい口調の文章でとても93歳とは思えない。周りの友人が次々いなくなって、自分もそれほど長くは生きられない。それでもたくさんの仕事をこなし、歌を歌って人生の素晴らしさを語る姿には感動した。94歳で亡くなられたそうだ。 …続きを読む
    Yuichiro Komiya
    2015年03月21日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品