マブラヴ オルタネイティヴ(6) 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年01月21日
商品形態:
電子書籍

マブラヴ オルタネイティヴ(6)

  • 作画 蒔島 梓
  • 原作 アージュ
発売日:
2016年01月21日
商品形態:
電子書籍

明かされる軍事クーデターの深部!!

未来は確実に変化しつつあるように見えていたが、予期せぬ軍事クーデターが勃発。
その裏には米軍の思惑が……。
クーデターの首謀者・沙霧大尉は、すべての 「業」 をその身に背負いながら、戦場に果てる――。
原作でも明かされなかった人々の想いや戦場の真実――。
「クーデター編」 の深部が今、描かれる!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「マブラヴ オルタネイティヴ(6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このペースだと15巻くらいかな?前編にわたりクーデター編で本編ではなかった榊首相と彩峰中将のやりとりが印象に残った。 このペースだと15巻くらいかな?前編にわたりクーデター編で本編ではなかった榊首相と彩峰中将のやりとりが印象に残った。
    mitei
    2011年04月30日
    17人がナイス!しています
  • 奉じた正義が、将軍の名のもとに行われた正義が、ただの殺人へと成り下がる瞬間。革命・決起のイデオロギーの「面白さ」ではあり、原作のだるさを丁寧に補綴してくれていると思う。ただ、やっぱり沙霧は大国コンプレ 奉じた正義が、将軍の名のもとに行われた正義が、ただの殺人へと成り下がる瞬間。革命・決起のイデオロギーの「面白さ」ではあり、原作のだるさを丁寧に補綴してくれていると思う。ただ、やっぱり沙霧は大国コンプレックス丸出しの負け犬ナショナリスト以上でも以下でもないのが悲しいところ。無謬の帝国を旗印にしたところで、結局衆愚受けがいいだけの騒擾の種って事実は変わらない …続きを読む
    くらびす
    2013年10月04日
    5人がナイス!しています
  • 東浩紀氏が解説を寄せているのに吹いてしまいました。コミックスでこの作品初見の私としては、よくこんなテーマを18禁ゲームでやったなぁ…というのが感想なのだけど、確かにこの作品の「倒錯」無しには真正面から 東浩紀氏が解説を寄せているのに吹いてしまいました。コミックスでこの作品初見の私としては、よくこんなテーマを18禁ゲームでやったなぁ…というのが感想なのだけど、確かにこの作品の「倒錯」無しには真正面から語れないのかもしれません。 …続きを読む
    うめいち
    2020年12月28日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品