ウチの姫さまにはがっかりです・・・。(2)

ウチの姫さまにはがっかりです・・・。(2) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年12月18日
商品形態:
電子書籍

ウチの姫さまにはがっかりです・・・。(2)

  • 著者 鈴木 鈴
  • イラスト 藤真 拓哉
発売日:
2014年12月18日
商品形態:
電子書籍

『もうやだこの国! 変態しかいないの!? 』 姫さま、さらに大暴走のシリーズ第2弾!

『聖夏祭』 の準備に追われているアッシュたちの前に、ひとりの少女が馬車に 『引きずられて』 くる。キキモラという名のその少女を介抱し城に連れ帰るアッシュだったが、彼女の正体は王国を破滅させようと目論む 『魔族』 だった! しかしキキモラは 『魔族』 のくせに一生懸命で純情で、やることなすこと空回りばかり。敵であるアッシュにほのかな恋心を抱きつつも、王国を滅ぼすために策謀する彼女が、イリステラ姫の 『性癖』 を知ったときに取った行動とは── 『欲望』 が増大する呪いをかけることで!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ウチの姫さまにはがっかりです・・・。(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ダメだこの姫様はやくなんとかしないと……。ライトノベルでありながら、しっかりとファンタジーの基盤は作ってあるのは評価が高い。しかし、ファンタジーやシリアスが土台を作っては、姫様がそれをぶち壊す展開が多 ダメだこの姫様はやくなんとかしないと……。ライトノベルでありながら、しっかりとファンタジーの基盤は作ってあるのは評価が高い。しかし、ファンタジーやシリアスが土台を作っては、姫様がそれをぶち壊す展開が多かったな。キキモラに関しては普通にメイドにするだけでは駄目だったのかと小一時間。ラストで次の引きになるような要素を投下しているけど、それがどうなっていくか。 …続きを読む
    中性色
    2014年12月09日
    16人がナイス!しています
  • 世の中、上に行くほどがっかり感が多くなる気がするのですが。 つぎに下に行くと、無駄なコンプレックスの塊みたいな人もおおいので、昔はこんな実話が多かったのかもしれないと・・・ 世の中、上に行くほどがっかり感が多くなる気がするのですが。 つぎに下に行くと、無駄なコンプレックスの塊みたいな人もおおいので、昔はこんな実話が多かったのかもしれないと・・・
    tonkatudon
    2011年12月23日
    11人がナイス!しています
  • ★★☆☆☆ 減速…。ところどころでクスっと笑ってしまう描写こそ多々見受けられはしたものの、全体を通してみると、前巻に比べて質や新鮮味が低下してしまっているような印象を受けた。それは換言するところの「パ ★★☆☆☆ 減速…。ところどころでクスっと笑ってしまう描写こそ多々見受けられはしたものの、全体を通してみると、前巻に比べて質や新鮮味が低下してしまっているような印象を受けた。それは換言するところの「パワーダウン」に等しく思う。もしくは「スピードダウン」…? ただ、お姫様と従者たるメイドの変態度の上昇に従い、主人公アッシュの「主人公」としての「器」が大きくなっていたところは、今後の進展においての明確な「前進」、だよね。でも、やっぱり「エロゲ」の一枚絵といった体のイラストはやはり、どうにも苦手(ry。 …続きを読む
    此処其処。
    2013年08月07日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品