ご主人様は山猫姫12 帝国再興編 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年11月05日
商品形態:
電子書籍

ご主人様は山猫姫12 帝国再興編

  • 著者 鷹見 一幸
  • イラスト 春日 歩
発売日:
2015年11月05日
商品形態:
電子書籍

帝都凱旋!異例の出世を果たした晴凛だが、思わぬ戦いが待っていた!

征古原の決戦を制した晴凛。ついに皇帝を奉じて、帝都へと凱旋するのだった。晴凛は筆頭執政官に、伏龍は政務総監に大抜擢され、これで一件落着! とはいかないのが、王宮の計り知れぬところ。海千山千の帝国官僚たちの利権争いに足を引っ張られ、今までの戦とは違う苦労に翻弄されてしまう。 王宮政治のよどみを探る伏龍は、その病巣に行きつく。それは帝国に巣食う毒蜘蛛とも言うもので──。改革に時間が残されていないと痛感した伏龍は、ある決断をするのだが!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ご主人様は山猫姫12 帝国再興編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表紙を見ると本当に春日歩さんのイラスト変わったなぁと実感できる。反乱軍との戦いを終え帝都に戻った晴凛たち。最後は腐敗した政治の見直しなわけだけど正直やっつけ作業感が半端ないな。まぁ、伏龍の見せた覚悟や 表紙を見ると本当に春日歩さんのイラスト変わったなぁと実感できる。反乱軍との戦いを終え帝都に戻った晴凛たち。最後は腐敗した政治の見直しなわけだけど正直やっつけ作業感が半端ないな。まぁ、伏龍の見せた覚悟や晴凛、ミーネ、シャールの思いが良かったので全て許す。嫁の尻に敷かれるのが晴凛なんだよね。とりあえず後日談の発売日が待ち遠しい。 …続きを読む
    まりも
    2014年02月17日
    19人がナイス!しています
  • 前を向くこと、前に進むこと、自分の進んでいる方向が前なのだとどのように信じられるのかということ。私は立ち止まる方が気安いタチなので、たまにこういう物語から補給しないと安穏としてしまいます。そういう力を 前を向くこと、前に進むこと、自分の進んでいる方向が前なのだとどのように信じられるのかということ。私は立ち止まる方が気安いタチなので、たまにこういう物語から補給しないと安穏としてしまいます。そういう力をくれる本でした。ごちそうさまです。 …続きを読む
    moondrop
    2013年05月12日
    13人がナイス!しています
  • 1巻丸々と淡々としたエピローグな感じでした。意外とあっさりと事が進んで終わったかなと言う感じですかね。ただ展開を語られるだけなのに読み応えはあるのは、下地がしっかりしていたからだと思います。上手く事が 1巻丸々と淡々としたエピローグな感じでした。意外とあっさりと事が進んで終わったかなと言う感じですかね。ただ展開を語られるだけなのに読み応えはあるのは、下地がしっかりしていたからだと思います。上手く事が進んだ感はありますが、この物語はこれでよかったと思います。バッファを持たせつつ、綺麗に落としてきたかなと、「もうちょっとだけ続くんじゃな」がどう来るか楽しみですね。今巻はほぼ事後処理でな感じで表面的な盛り上がりは少なかったけど、深みはあったかなと。ヒロインは弱いですが人物配置はしっかりと活きていたと思います。 …続きを読む
    シンヤ
    2013年05月18日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品