0能者ミナト 4

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月24日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
128
ISBN:
9784047306974

0能者ミナト 4

  • 著者 田倉 トヲル
  • 原作 葉山 透(メディアワークス文庫)
  • キャラクター原案 Kyo
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月24日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
128
ISBN:
9784047306974

“零能者”ミナト、最凶の怪異“鏖”に隠された真実に迫る!!

霊力、法力など一切持たない“零能者”と揶揄されながらも、

驚くべき手法で鮮やかに怪異事件を解決する九条 湊。

一夜にして1000人もの人間を殺戮したという「鏖」を討伐せよとの依頼に、

押しかけ弟子の沙耶、ユウキとともに事件について調査を開始する。

解明が進むにつれ、総本山による怪異のねつ造の事実が明らかに。

全て解決したかに思われたが、湊たちの目の前で信じられない大爆発が起こり――!?

謎が謎を呼ぶ「鏖」編、いよいよクライマックス!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「0能者ミナト 4」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ただの貝が見せていた蜃気楼がこんな事になるなんて…。しかも貝に悪気は無いんだもんなあ… ただの貝が見せていた蜃気楼がこんな事になるなんて…。しかも貝に悪気は無いんだもんなあ…
    草薙香里
    2020年06月14日
    9人がナイス!しています
  • 原作シリーズ未読。「鏖」編&コミカライズ最終巻。3巻の内容をあまり覚えていたなかったために冒頭から台詞を追うのに必死だった。難しい。3巻再読しようと思う。「ぬっぺふほふ」という、のっぺらぼうの怪異の名 原作シリーズ未読。「鏖」編&コミカライズ最終巻。3巻の内容をあまり覚えていたなかったために冒頭から台詞を追うのに必死だった。難しい。3巻再読しようと思う。「ぬっぺふほふ」という、のっぺらぼうの怪異の名前がなんだか面白い。そんな中で、いつでも牢屋から出られるのに出ずに色々仕事をさせていた湊を始め、可愛い沙耶や生意気なユウキに和んだ。あの格好で「宇宙じん」と大真面目に答える湊が、起きている状況と似合っていなくて笑ってしまった。葉山さんのコメント読んで、触れられていた「嫉」編のシーンを再読したくなった。 …続きを読む
    幸音
    2015年09月27日
    7人がナイス!しています
  • 実はソッコー読んでなんか変だと思って調べてみたらやっぱり一話抜けてて。本が薄いのに逆に気づかないものなんですかね。というわけで随分前に補完話も読んでましたがすっかり感想を書くのを忘れてました。怪異の正 実はソッコー読んでなんか変だと思って調べてみたらやっぱり一話抜けてて。本が薄いのに逆に気づかないものなんですかね。というわけで随分前に補完話も読んでましたがすっかり感想を書くのを忘れてました。怪異の正体はなんとなくわかりましたが、そんな病状も起こすんですねー。しかし湊の知識力半端ない。昔は勤勉だったという湊やどうしてこの仕事を始めたのかとか気になります。あの宇宙服どこで手に入れたんだろう??もう漫画化は無いとのことでとても残念です。 …続きを読む
    みかん@道北民
    2015年12月31日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品