エネミーズ/1996 1 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年05月25日
商品形態:
電子書籍

エネミーズ/1996 1

  • 著者 和智 正喜
  • 装画 緒方 剛志
  • メインキャラクターデザイン 安藤 賢司
発売日:
2015年05月25日
商品形態:
電子書籍

狩るか狩られるか!? 1996年の東京でモンスターバトル開始!

1996年、東京。三原一也は人間が突如異形の怪物へと変身する光景を目撃する。そして一也自身もドラゴンへ変貌! 一話一見開きで物語が展開。カード感覚で展開する新感覚モンスターバトルノベルがここに誕生!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エネミーズ/1996 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かなり良かった、96年を舞台にモンスター達が主役のゲームが現実を侵食し始めるのだが、ある意味仮面ライダー的な要素が強く二ページごとにワンエピソードというのも構成として面白い。 かなり良かった、96年を舞台にモンスター達が主役のゲームが現実を侵食し始めるのだが、ある意味仮面ライダー的な要素が強く二ページごとにワンエピソードというのも構成として面白い。
    METHIE
    2016年03月24日
    8人がナイス!しています
  • 1996年が舞台の話だから、ということを抜いても古さを感じる話。謎めいた憧れの女が居なくなって腑抜けになってる主人公が、ふらふら追いかけていった結果、なんかモンスターになる。で、昔設定だけつくったRP 1996年が舞台の話だから、ということを抜いても古さを感じる話。謎めいた憧れの女が居なくなって腑抜けになってる主人公が、ふらふら追いかけていった結果、なんかモンスターになる。で、昔設定だけつくったRPG設定どおりになってしまってる世界で敵と戦う。うーん、古い……。それに、お話の世界が現実になる話って、それこそ96年頃よくあったけど、21世紀はもっと直接的にゲームの現実に行く話が主流だし冗長に感じる。なんかファミコンゲーム企画書の真似らしき装丁もそうだけど、年取った作者が昔面白かったことを見てる感じするね。 …続きを読む
    gentleyellow
    2015年09月09日
    3人がナイス!しています
  • なんだこれ。幾ら1996年設定だからって内容がクッソ古臭いし、頻繁に回想や過去話が挿入されてスピード感の無いもっさりした展開になってて読み辛い。テンポが酷いことになっているし、なんだこれ、本気か……駄 なんだこれ。幾ら1996年設定だからって内容がクッソ古臭いし、頻繁に回想や過去話が挿入されてスピード感の無いもっさりした展開になってて読み辛い。テンポが酷いことになっているし、なんだこれ、本気か……駄目だ、致命的なくらい面白くないわ…… …続きを読む
    菊地
    2015年10月28日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品